現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 700馬力の新型 Gクラス、ブラバスが発表…メルセデスAMG G63 をさらに強化

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.27

700馬力の新型 Gクラス、ブラバスが発表…メルセデスAMG G63 をさらに強化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆SUVとしては異例の性能に

ドイツに本拠を置くブラバス(Brabus)は9月25日、モナコで開幕したモナコヨットショー2018において、新型メルセデスAMG『G63』(Mercedes-AMG G63)をベースに高性能化を図ったブラバス『700ワイドスター』(Brabus 700 Widestar)を発表した。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られる存在。そのブラバスが、2018年春のジュネーブモーターショー2018で発表された新型GクラスのAMGバージョン、メルセデスAMG G63を、さらなる高性能化を目指してチューニングしている。

メルセデスAMG G63のハイライトは、ダウンサイズエンジンの搭載。4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力585hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2500~3500rpmを発生する。トランスミッションは9速の「AMGスピードシフトTCT 9G」。駆動方式はAMGパフォーマンス仕様の「4MATIC」。前後の駆動トルク配分は、40対60を基本とする。メルセデスAMG G63の動力性能は、0~100km/h加速が4.5秒、最高速が220km/h。ドライバーズパッケージでは、最高速が240km/hに引き上げられる。

◆スポーツエグゾーストシステムで排気音にバリエーション

ブラバス700ワイドスターでは、メルセデスAMG G63の4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボをチューニング。ターボチャージャーのブースト圧を引き上げつつ、燃料噴射や点火タイミングを変更する新開発のエンジンコンピューターを採用する。排気フラップを備えたスポーツエグゾーストシステムも装着。静かな「Coming Home」モードから、スポーティなV8サウンドまで、さまざまな排気音を発生させる。エグゾーストパイプは、シルバーまたはブラックが選択可能。

このチューニングの結果、最大出力は700hp/6100rpm、最大トルクは96.9kgm/2500~3500rpmを獲得。新型メルセデスAMG G63の最大出力585hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2500~3500rpmに対して、パワーは115hp、トルクは10.2kgm引き上げられた。

◆タイヤ保護のため最高速度に制限

ブラバス700ワイドスターの動力性能は、0~100km/h加速が4.3秒、最高速が240km/hと、SUVとしては異例のもの。ブラバスによると、タイヤを保護するために、240km/hでリミッターが作動するという。

エクステリアは、ブラバスらしい迫力の演出。フロントはグリルやバンパー、ボンネットフードが専用デザイン。リアは、バンパーを専用デザインとし、ルーフスポイラーを追加した。前後フェンダーを100mm拡幅したワイドボディ仕様になっており、23インチのホイール&タイヤが装着できる。この23インチホイールは、ブラバスの「モノブロック」で、軽量高剛性な4種類のデザインを設定。タイヤサイズは305/35R23で、ブラバスのテクニカルパートナーのコンチネンタル、ピレリ、ヨコハマ製のいずれかを選択する。

ルーフには、補助ライトバーを追加。2つの強力なLEDユニットが装備される。ヘッドランプフラッシャーまたはハイビームを使用する場合、それぞれ12個のLEDが暗闇の中での視認性を引き上げる。

インテリアには、ファインレザーを使用。柔らかく通気性の高い「Mastik」レザーとアルカンターラを組み合わせる。ウッドやカーボンファイバーのトリムパネルを豊富に用意。オールレザーインテリアでは、バニラとブラックのコンビネーションも選択可能、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します