現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型ボルボV60 日本仕様T5インスクリプション試乗 価格599万円

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.25

新型ボルボV60 日本仕様T5インスクリプション試乗 価格599万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー 2代目 ボルボV60日本発表
ー 新型V60 T6のPHEV追加

    『新型ボルボV60 日本仕様T5インスクリプション』すべての画像をみる

どんな感じ?
ー 試乗 T5インスクリプション
ー ボディ、内装、脚 仕上がりは?

「買い」か?
ー 期待は、本領発揮の……
ー 対ドイツ勢のアドバンテージ

スペック
ー 新型ボルボV60のスペック

どんなクルマ?

2代目 ボルボV60日本発表

新型V60は兄貴分にあたる90シリーズと共通のSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)を土台としたステーションワゴンである。

4760×1850×1435mmというボディサイズは、メルセデスCクラス・ステーションワゴンやアウディA4アバント、3シリーズ・ツーリングンなどの競合車よりひとまわり大きく、室内空間や荷室容量(フル乗車時で529ℓ)の広さはクラストップをうたう。

そのボディは先代と比較すると125mm長くて45mm低い……というロング&ローな伸びやかさを特徴とするが、注目すべきは全幅だけは先代より15mmナロー化されたことだ。

聞くところでは、ボルボ・カー・ジャパンでは従来型についても、ことあるごとに「全幅が広すぎる」と本国に要望を出していたそうで、新型V60のナロー化には日本市場へ配慮した側面もあるという。

その日本仕様のパワートレインは3種類を用意した。



新型V60 T6のPHEV追加

核となるエンジンはご想像のとおり全機種2.0ℓ4気筒ターボ。

エントリーモデルが254ps/35.7kg-mのガソリンモデル “T5” となるのもXC60と同様で、対するトップモデルもXC60と同じく “T8ツインエンジンAWD” となる。

T8~のパワートレインもすでにお馴染みのあれで、318ps/40.8kg-mのツイン過給エンジンに、87ps/24.5kg-mのリア電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドだ。

ただし、XC60とは異なり、新型V60にはディーゼルの用意がない。しかも、T5とT8の中間に位置づけられるガソリンモデルT6の内容もこれまでとは大きく変わり、T5相当のチューニングとなるターボエンジンに、T8と同じ87ps/24.5kg-mのリアモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドとなった。その正式グレード名も “T6ツインエンジンAWD” とあらためられている。

このように日本における新型V60は、将来的な「全車電動化、脱ディーゼル」を明言しているボルボらしい商品企画ともいえる。もっとも、欧州では新型V60にもディーゼルが残されており、ボルボ自身もグローバルで即座にディーゼルを廃止するわけではない。

ただ、ボルボ・カー・ジャパンは「日本国内では今後もV60にディーゼルを追加する予定はありません」とも明言している。



どんな感じ?

試乗 T5インスクリプション

今回の試乗は先行上陸となった “T5インスクリプション” のみで、試乗車には連続可変ダンパーを含む “ドライビングモード選択式FOUR-Cアクティブシャシー” と19インチ・アルミホイール(標準は18インチ)がオプション装着されていた。

内外装の仕立ては最新ボルボの流儀そのままで質感は高い。内装デザインも雰囲気はXC60に酷似しているが、実際の造形はV60専用部分も多く、手が込んだものである。

ボルボのT5エンジンは、同価格帯のライバルとなるC200や320i、A4の2.0TFSIなどよりも明らかにパワフル。大柄なV60のボディはこれらのライバルより重めだが、それを差し引いても動力性能は活発だ。




ボディ、内装、脚 仕上がりは?

今回の試乗は千葉県で開かれたメディア試乗会によるもので、ルートも近郊の高速と一般道にかぎられたが、いかにもボディ剛性感の高い堅牢さはいつものボルボだ。

内装素材は細かなところまでソフトパッドでていねいに仕立てられており、触感まで含めた高級感ではライバル比でもアドバンテージがある。

今回の試乗個体が可変ダンパーと19インチ・ホイール付きで、走行距離1000kmちょっと……という “おろし立て” だったので、それがV60本来の印象なのかは不明だが、フットワークの仕立てには改善の余地がある。

センターコンソールにあるジョグダイヤルによって、可変ダンパーの制御を含めた走行モードが選択できるのだが、今回の組み合わせでは、コンフォートモード(標準)ではフラフラと落ち着きに欠けて、より硬質なダイナミックモードでは反応がちょっと敏感すぎるうえにドタバタしがち……の感が否めなかった。



「買い」か?

期待は、本領発揮の……

だが、ボルボのフットワークは「本領発揮は5000km以上の距離を刻んでから」というのはよくいわれるところで、XC60などの例を考えても、その説には一理あると思われる。

また、ボルボのFOUR-Cアクティブシャシーは固定減衰のノーマルシャシーより乗り心地が硬めなのも伝統。今回の試乗会でも、ノーマルシャシーの個体に試乗した同業者のなかには「乗り心地は素晴らしかった」と語る向きもあった。

最近のボルボ車のデキから考えても、少なくとも標準のシャシーとタイヤで各部が馴染めば、新型V60も穏やかで快適な走りを示すことは期待できるだろう。



対ドイツ勢のアドバンテージ

まあ、そうした細かい乗り味の是非は横に置いても、最近のボルボは吹っ切れたデザインに加えて、ドイツ勢よりコストパフォーマンスに優れるのが人気の理由だろう。

今回のT5インスクリプションにしても、599万円という本体価格はライバルの同等グレード比で明確に安いわけではないのだが、自慢の先進安全デバイスは最初からフル装備で、さらにナッパレザーシート、ハーマンカードン社製オーディオ、電動リアゲート、LEDヘッドライトなど、ツルシ状態で装備がすこぶる充実している。

そうした装備内容を吟味すれば、ボルボはやはりドイツ御三家よりは明らかに割安である。




新型ボルボV60のスペック

ボルボV60 T5インスクリプション

■価格 599万円
■全長×全幅×全高 4760×1850×1435mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費(JC08モード) 12.9km/ℓ
■CO2排出量 –
■車両重量 1700kg(サンルーフ車はプラス20kg)
■パワートレイン 直列4気筒1968ccターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 254ps/5500rpm
■最大トルク 35.7kg-m/1500-4800rpm
■ギアボックス 8速オートマティック



AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『新型ボルボV60試乗 T5インスクリプション』すべての画像をみる」から、すべての写真をお楽しみください。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 佐野弘宗)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sop*****|2018/09/25 16:04

    違反報告

    全幅が先代よりナローという事実に驚きました。安易に肥大化させない姿勢に好感もてます。でありながら車格が2段ほど上がったように見えるデザインの妙。

    押し出し感ばかり追及される今日、ほっとする一台だと思います。
  • zoo*****|2018/09/25 15:51

    違反報告

    最もラグジュアリーな仕様のインスクリプションで599万円は戦略的な価格設定だと思う。
    他社がオプション設定する装備が全て付いて、サイズ的にも手頃。
    どの角度から見ても新世代ボルボの中で最もスタイリッシュだし、内装も美しく品質が高い。
    ディーゼル導入が見送られたのが唯一残念。
  • nor*****|2018/09/25 16:42

    違反報告

    おいこれバカ売れだろ。やっぱねー五角形グリルじゃボルボには勝てないのよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します