現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ブガッティ・タイプ55、ミウラSが表彰 チャブ・インシュアランス・コンクール・デレガンス

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.14

ブガッティ・タイプ55、ミウラSが表彰 チャブ・インシュアランス・コンクール・デレガンス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベスト・オブ・ショー タイプ55ロードスターに

イギリスを代表するクラシックカー・イベント、サロン・プリヴェ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

年を追うごとに成長を続け、現在はオックスフォードシャー近郊のブレンハイム城を舞台に行われ今年で13回目を数える。その中でメインとなるのがチャブ・インシュアランス・コンクール・デレガンスだ。

今ではイギリスを代表するコンクールとして認められ、古今東西の珠玉の名車たちが集まることで知られている。

ここでベスト・オブ・ショーを獲得したのはブガッティ・タイプ55ロードスターだった。エットーレ・ブガッティの長男であるジャンによりデザインされ、「ジャン・ブガッティ・スタイル」と称されるタイプ55ロードスターは16台が製造。そのうち5台がオリジナルのコーチワークとメカニカル・コンポーネンツを残している。

今回栄光に輝いたブガッティ・タイプ55ロードスター(C/N:55234)は、実走行5万マイル以下で唯一レストレーションを受けていない最もオリジナルなコンディションを保つ1台であることからベスト・オブ・ショーに選ばれた。

ランボルギーニ・ミウラSが注目の的に

かつてロック・ミュージシャンのロッド・スチュワートが所有していたランボルギーニ・ミウラSが、「1970年代スーパーカー・クラス」「最もアイコニックなクラス」のウィナーに選ばれ、さらに「ベスト・オブ・ショー」では3位に入賞する快挙を果たした。

現在はイギリス人のオーナーが所有する1971年製のミウラS(C/N:4863)は、SV仕様に改造され荒れた状態だった。しかし、ランボルギーニ・ポロストリコの18カ月にわたるレストアにより輝きを取り戻す。ボディカラーも当初の「ビアンコ・ポロ・パーク」に戻され、華麗なヒストリーに加え、完璧なコンディションから3部門で栄冠に輝いたのである。

本コンクール・デレガンスをサポートするのは、クラシックカーのオーナーに向けた保険で知られるChubb損害保険(チャブ・インシュアランス)である。



コンクールをサポート 日本でも加入できる保険

イギリスのサロン・プリヴェ・コンクール・デレガンスの冠スポンサーを務めるChubb損害保険(チャブ・インシュアランス)は、スイス・チューリッヒを拠点にする世界最大級の損害保険会社だ。

わたし達の身近なところでは、ここ日本でもクラシックカー保険を提供している。

趣味で旧いクルマを所有していて困るのが車両保険だろう。一般的な車両保険は、新車を基本にしたプログラムのため、コレクターズカーの実勢価格が認められない。エンスージァストの悩みである。

クラシックカーへの理解が深いチャブ・インシュアランスでは、購入金額と市場価格などから保険金額を算定する。

製造から25年以上が経過した国産車や輸入車でも、市場価格やコンディションなどを考慮して、適切な保険金額で車両保険に加入できるのだ。

クラシックカー特有の使用実態を考慮し、「1975年以前に製造」「年間走行距離2000km以内」の両方の条件を満たす場合には、20%の割引も用意している。もちろん現在加入している自動車保険の等級、事故有係数適用期間も継承できるのは言うまでもない。

年間保険料は数万円という例もあり、クラシックカーオーナーの心の支えとして検討してみる価値は十分にある。日本法人のウェブサイトでは、保険料の見積りもしている。

Chubb損害保険株式会社クラシックカー保険
https://www.chubb.com/jp-jp/individuals-families/classic-car.aspx

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します