現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ロータス新副社長、元JLRのフィル・ポッパムに ヘセルを拠点に活動

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.14

ロータス新副社長、元JLRのフィル・ポッパムに ヘセルを拠点に活動

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新副社長 ヘセルを拠点に

ロータスは、かつてジャガー・ランドローバーの取締役を務めていたフィル・ポッパムを新たに副社長として迎え入れることにした。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ポッパムは、グループ・ロータスの運営を担う上級副社長に就任し、ロータス・スポーツカーズのCEOも兼任。グループ・ロータスの最高責任者であるフェン・ジンフェンが彼の上司となる。

フェンは、ノーフォークを拠点とするロータスを買収したジーリー・ホールディングで長年役員を務めている人物だ。フェンは、6月にロータスを去ったジャン・マルク・ゲールズの代わりに社長に就任したが、中国にあるジーリー・ホールディングを拠点としている。

一方、ジャガー・ランドローバーで9年間様々な役職を経験してきたポッパムは、ヘセルのロータス本社を拠点にして日々の経営や戦略を任される。

ヨット会社のサンシーカー・インターナショナルを4年間経営したのちにロータスに移ったポッパムは、「わたしはこれまで、高級でハイテクで先駆的なイギリスの有名ブランドでキャリアを磨いてきました。素晴らしい歴史があるロータスでも情熱を持って取り組んでいきたいです」と話す。

彼は、「将来的にロータスのビジネスを大きな成長へと導くチームの一員になれることが楽しみです」と期待に胸を膨らませている。




狙うはボンド・カー?

これまでAUTOCARで紹介してきたように、ロータスは親会社のジーリー・ホールディングが立てた再生計画の一環として、初のSUVや新モデルを数多く開発中だ。その中のモデルには、ボルボの車体構造が使われるものも含まれるはずだ。

ポッパムがフィナンシャル・タイムズ紙に語ったところによると、将来的なモデルはどれも「ブランドの意義に沿うものでなくてはならない」そうだ。

ポッパムはまた、「ロータスがモータースポーツ界に復帰することで、同社の『ルーツがレースにある』ことを世に知らしめることができます」と話す。

彼は、「ジェームズ・ボンドをもう一度振り向かせることができるかもしれないですし」ともほのめかした。007シリーズの「ユア・アイズ・オンリー」と「私を愛したスパイ」の中では主役のジェームズ・ボンドがロータス・エスプリに乗っていたが、近年の作品では愛車としてアストン マーティンが使われているので、挽回したいところなのだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します