現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > DS3クロスバック新画像 ガソリン、ディーゼル、EV発表 内装/サイズは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.14

DS3クロスバック新画像 ガソリン、ディーゼル、EV発表 内装/サイズは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー DS3クロスバックとは
ー DS3クロスバック ガソリン/ディーゼル/EV
ー DS3クロスバック サイズ/デザイン/内装

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

DS3クロスバックとは

DSオートモビルズが、コンパクトSUVの新型車、DS3クロスバックを発表した。

2023年までに登場するという6車種のうち、DS7クロスバックに次ぐ2番目のモデルであり、PSAグループの新モジュラープラットフォーム、CMPアーキテクチャーを採用する最初のモデルだ。

CMPは今後DSに限らず、プジョー、シトロエン、オペル、ヴォクゾールの小型車にも採用が進み、まずはプジョー208に適用されることになる。

DS3クロスバック(コードネーム:D34)の製造はフランスで行われ、英国には2019年の第2四半期に登場。3ドアのDS3の間接的な後継モデルという位置づけになる。

パワートレインは多様で、ガソリン車、ディーゼル車が用意され、すぐ後にはEVが加わる。それぞれの主要スペックを紹介しよう。




DS3クロスバック ガソリン/ディーゼル/EV

・ガソリン仕様:

エンジン:1.2ℓ3気筒ピュアテック
最高出力:100ps、130ps、155ps(8速オートマティック)

・ディーゼル仕様:
エンジン:1.5ℓ4気筒ブルーHDi
最高出力:100ps、130ps

・EV仕様:
バッテリー:リチウムイオンバッテリー
バッテリー容量:50kWh
モーター最高出力:136ps
最高速度:150km/h

航続可能距離:300km以上(WLTP、正確な距離は後日発表)
0-100km/h加速:8.7秒

バッテリーは、内燃エンジン・モデルの燃料タンクの位置、さらにシート下、センタートンネル内に配置。つまり、室内空間とラゲッジスペースが、内燃仕様とEV仕様で同じ広さなのだ。

注目のボディサイズについても情報が入ってきた。




DS3クロスバック サイズ/デザイン/内装

全長:4118mm
全幅:1791mm
全高:1534mm

DS3クロスバックの外観の特徴は、

・フラッシュフィット(面一)のドアハンドル
・マトリックスLEDヘッドライト
・サイドウインドウと外板の間にラバーが見えない

というこのセグメントでは珍しい作り込みをしている。

さらにDS7クロスバック譲りの夜間歩行者検知機能付き衝突回避支援ブレーキに代表されるアクティブ・セーフティシステムを採用したのも、ライバルに対する大きなアドバンテージ。

インテリアは、欧州仕様の「プレミアム」では、オプションでナッパレザーやアルカンターラのトリムを選択することもできる。

AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『DS3クロスバック新画像』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみください。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • snk*****|2018/09/14 19:35

    違反報告

    DS プジョー シトロエン とキャラクターの差別化がはっきりしてきて、なおかつ、どのブランドも魅力的です
    このデザイン路線で新DS3(3ドアハッチ)も出して欲しいです。期待してます。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します