現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW最強の直4搭載へ…3シリーズ 新型、「ツーリング」の高速テストを目撃

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.13

BMW最強の直4搭載へ…3シリーズ 新型、「ツーリング」の高速テストを目撃

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWの主力ワゴン、『3シリーズツーリング』新型がニュルブルクリンクで高速テストを開始した。カモフラージュは前回と変わらないが、その驚異のスペックが見えてきた。

BMWは11日、3シリーズセダンの開発が最終段階を迎えたことを公表したばかり。だが詳細スペックは明かされていない。

    もうニッチな異色モデルとは言わせない!? BMW X4が5年待たずに速攻フルモデルチェンジ

Spyder7編集部はパワートレインに関する情報を掴んだ。新型となる「G20」世代は、エントリーモデルに最高出力138psを発揮する、1.5リットル直列3気筒エンジン搭載の「316i/d」(ガソリン/ディーゼル)を設定。燃費は驚異の25km/リットルとも予想されている。さらにBWM最強の直列4気筒を搭載する「330i」は最高出力が290psまで高められる。

またハイエンドモデルには、最高出力385psを叩き出す直列6気筒搭載「M340i」が君臨するはずだ。こちらは4WDシステム「xDrive」搭載となるだろう。

これだけではない。電動化へ加速する「G20」は、2リットル直列4気筒+電気モーターのPHV、及び、航続距離278マイル(450km)の『30e』、航続距離341マイル(550km)以上と思われる『40e』の2種EVモデルもラインアップが期待されている。

新型3シリーズには「CLAR」プラットフォームを採用。現行モデル比約55kg程度の軽量化と、ホイールベースの延長がされ、フットスペースラゲッジスペースが拡大される。前後重量配分は50:50で、重心は0.4インチ(10mm)下がるようだ。

エクステリアは、最新のSUVシリーズではキドニーグリルが大型化しているのに対し、薄いワイドグリルを採用しているのが目を引く。薄いヘッドライトやテールライトは、スポーティーなルックスを強調するものとなる。またルーフエンドに過度な丸みは持たせず、ストレートなルーフに仕上げられていることがわかる。

3シリーズ新型のワールドプレミアは、10月のパリモーターショーが有力。「ツーリング」は2019年前半と予想される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します