現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ルノー・カジャー改良新型 1.3ℓ新エンジン導入、ダイムラーと共同開発

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.13

ルノー・カジャー改良新型 1.3ℓ新エンジン導入、ダイムラーと共同開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MCモデル 画像10枚 新エンジン採用も

ルノーは、中型SUV、ルノー・カジャーの改良型を公開した。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

2015年に投入された現行モデルのエンジンが見直され、ダイムラーとの共同開発による新型1.3ℓ4気筒ガソリン・エンジンが欧州では採用される。

新採用のユニットは、最高出力140ps、160psの2タイプがあり、どちらもMTとATの設定がある。また、低速域におけるトルクも増大する見込みだ。

ディーゼル仕様の1.5ℓ dCiエンジンについては、NOx排出量の低減を追求したSCR触媒(選択的触媒還元)を用いる「Blue dCi」へと改良。最高出力は、現行型の111psと130psからそれぞれ115psと150psへと向上する。

ルノーによると、カジャーのオーナーはそのデザインを気に入って買う人ばかりなので、クルマの見た目は大きく変えないことにしたという。外観の改良点は、フロントとリアバンパーのデザイン変更、グリルのワイド化とクロームトリムの追加などだ。

ヘッドランプは、ルノーの「Cシェイプ」と呼ばれるデイタイム・ランニングライトを装備し、ウィンカーを一体化。フォグランプは丸型から角型へと変更された。リアランプは、LED後退灯、フォグランプ、ウィンカーを装備する。

タイヤは17インチと19インチのアロイホイールが用意され、ボディカラーにはグレー、ブルー、グリーンの色合いが追加されている。




インテリア シートが新タイプに

室内は、エアコン、ウインドウ、ドアミラーなどのスイッチが多数デザイン変更された。

最後のふたつは発光型スイッチへと変更。ドアパネルのデザインも改良され、収納部を拡大。センターアームレストは固定型からスライド型になる。

シートには特に配慮がなされ、新しいタイプのフォームを採用したことでサポート性能が向上。座面調を調整する機構も追加されている。

また、ドアハンドル、エアベント・サラウンド、センターコンソール・トリムにはメタリック仕上げを適用。ダッシュボードにぴったりと収まるインフォテインメント・システムは、アンドロイドオートやアップル・カープレイに対応する。さらに、後席乗員用にUSBポートがふたつ設けられるのは大きな成果だ。

詳細な価格やスペックについては、2019年第1四半期の発売日間近に公表される予定。エントリーモデルは2万500ポンド(297万円)からの販売になることが予想される。つまり、改良前モデルの1万9790ポンド(287万円)に比べるとわずかな値上げとなる。

実車の公開は、来月のパリ・モーターショーとなる見込みだ。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『ルノー・カジャー改良新型』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します