現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ゴードン・マレー、小型ミッドシップスポーツ開発へ…850kgの軽量ボディで220hp

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.12

ゴードン・マレー、小型ミッドシップスポーツ開発へ…850kgの軽量ボディで220hp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーのゴードン・マレー氏が率いる「ゴードン・マレー・デザイン」は9月11日、小型のミッドシップスポーツカー、『T.43』の開発計画を発表した。

ゴードン・マレー氏は、1992年に発表されたマクラーレン『F1』のデザインを担当したことで知られる。同車は、F1のマクラーレンと同じグループ会社、英国のマクラーレンオートモーティブが、F1参戦から得たノウハウを投入して開発したスーパーカーだった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

マクラーレンF1は、BMW製の6.1リットルV型12気筒ガソリンエンジン(最大出力627ps)をミッドシップに搭載。カーボンやアルミをふんだんに使用したボディは、わずか1140kgという軽量さで、最高速は391km/hと、まさに「ロードゴーイングF1」と呼ぶにふさわしい性能を誇った。

今回、開発計画が公表されたT.43は、小型のミッドシップスポーツカー。ボディサイズは全長3640mm、全幅1750mm、全高1240mm、ホイールベース2500mm。ゴードン・マレー・デザイン独自の軽量構造、「iStreamスーパーライト」を導入。車両重量は1トンを下回り、850kgに抑えられる。

ミッドシップに搭載されるのは、排気量1.5リットルの直列3気筒ガソリンターボエンジン。最大出力は220hpを引き出す。パワーウェイトレシオは、3.86kg/hp。トランスミッションは6速MTを組み合わせる、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • u00*****|2018/09/12 20:42

    違反報告

    いいね!ジネッタも最近のはエンジンが大きくなって重くなっちゃったしね。
    出来れば縦置きでヒューランドのミッション使ってほしいな。
  • osh*****|2018/09/12 22:51

    違反報告

    「でもコレ、高級素材として知られる『カーボン』を、こんなにふんだんに使っているなんて、さぞかしお高いんでしょ?」

    「それが、本日は、日頃の感謝の気持ちを込めた「新製品発売記念キャンペーン価格」、さらに今ならこの車を作った棟梁、ゴードン・マレーさんのサインをリアバルクヘッドのところに一台一台丁寧にお入れして、さあ、この価格!」

    ドン!(パネルには信じられないほど安い価格表示が・・・)

    「うわっ、お安い! カーボンをあれだけ贅沢に使ってこの価格なんて、信じられませんね!」

    「当社独自ルートで大量に買い付けたカーボンだからこそ、この価格が実現しました!
    是非この機会にあなたも1台ご購入下さい!」


    ・・・・って、なったら、買うな?!




  • yrv*****|2018/09/13 06:54

    違反報告

    ワクワクするなぁ(*⁰▿⁰*)♩

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します