現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボディ・スワップ対応 M・ベンツ「ビジョン・アーバネティック」 未来の自動運転バン

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.11

ボディ・スワップ対応 M・ベンツ「ビジョン・アーバネティック」 未来の自動運転バン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交換式ボディの自動運転バン 画像8枚

メルセデス・ベンツの商用車部門が、新しいコンセプトカーを公開した。来週ドイツのハノーバーで開催される2018年国際商用車ショーで正式な発表が予定されている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ビジョン・アーバネティックと名付けられたこの新しいコンセプトは、人間を運ぶことと貨物を運ぶことの区別をなくそうとしている。異なるボディを組み合わせられる電動スケートボードのようなシャシーを採用。広々としたライドシェアリング車としても、貨物輸送車としても利用できる。

ビジョン・アーバネティックをライドシェアリング車として使う場合の定員は12人だ。

一方、貨物モジュールは上下2層に区切ることができ、容量10立方メートルの荷積みスペースには最大10個の物流用パレットを積み込める。全長5140mmの車両には、長さ3700mmまでの貨物を載せることができるという。



ボディ・スワップは数分で

メルセデスによると、ボディの載せ換え作業は機械でも人間でもできるそうで、オートメーション化されているため作業時間は「ほんの数分」で済むとのこと。ボディは他にも開発中で、今後発表される予定だ。

ボディが搭載される自動運転シャシーには、ドライバーレス走行に必要なハードウェアがすべて組み込まれている。そのおかげでビジョン・アーバネティックはボディを載せなくても目的地まで走ることができる。この新しいコンセプトは、走行エリアにライドシェアを利用したい人がいるか、あるいは貨物輸送のニーズがあるか、といった状況をリアルタイムで把握できるITインフラも備えている。

メルセデスは、電動パワートレインを用いるビジョン・アーバネティックは都心部や法的にアクセスが制限されているエリアの走行にも最適だと言う。また、ほぼ無音で走るので新たな夜間の配達手段にもなり得るとのこと。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『ボディ・スワップ対応 M・ベンツ・ビジョン・アーバネティック』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します