現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツSクラス 直6の新ディーゼル「OM656」搭載、S400d発売

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.10

メルセデス・ベンツSクラス 直6の新ディーゼル「OM656」搭載、S400d発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新クリーンディーゼル・エンジン

メルセデス・ベンツ日本は、Sクラスに新型直6ディーゼル・エンジンを搭載した「S400d」「S400d 4マティック」、13センチ全長が長い「S400dロング」「S400d 4マティック・ロング」の4モデルを追加し、受注を開始した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

バランスに優れ、コンパクトな新型直列6気筒クリーンディーゼル・エンジン「OM656」を搭載する4台は、高い効率性だけでなく、欧州に導入されているRDE(実路走行試験)規制に適合する高い環境性能が特徴。

OM656は、「S450」などに搭載される直列6気筒エンジン「M256」などと基本設計を共有する、モジュラーコンセプトを採用している。

・最高出力:340ps
・最大トルク:71.4kg-m

メルセデス・ベンツ乗用車の中で最高の出力を誇るクリーンディーゼル・エンジンで、低振動と高い静粛性を両立しながら、スムーズな加速を実現。

シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとして、全長をコンパクトにまとめたことで、様々なモデルに搭載することが可能に。シリンダーブロックは軽量化のためにアルミニウム製となる一方、ピストンはスティール製とした。

こうした熱膨張率の異なる素材を採用することで、摩擦を40%以上低減。ターボは2ステージターボチャージャーを使用し、小さいタービンにはさらに可変タービンジオメトリーを採用。低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を実現する。



EGR、カムトロニック採用 価格は?

また、ピエゾインジェクターを使用したコモンレール・ダイレクトインジェクション・システムは、最大圧力2500barまでアップ。冷却された高圧EGRと低圧EGRを組み合わせた「マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)」を搭載しており、燃焼の最適化を図り、後処理を行う前の段階でNOxを低減することが可能になった。

さらに排気側にのみ可変バルブリフトシステム「カムトロニック」を採用しており、冷間時の吸気工程中に、排気の一部を燃焼室に戻すことができる。これにより、燃焼室内の温度を上昇させることで、排出ガス浄化システムを効率的な温度まで早期に暖め、排出ガスの浄化に寄与する。

浄化システムは、エンジンに近接し搭載。排出ガスの低温下による浄化効率の低下を防ぐことが可能になった。ターボチャージャーから出た排出ガスは、まず酸化触媒へ送られた後、アドブルーを添加。下流のsDPF(選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)で粒子状物質の捕集と窒素酸化物の低減を行った後、最終的にSCR触媒でさらに窒素酸化物の処理を行うという流れだ。

S400dの価格は、下記の通り。なお、納車は本年10月頃を予定。S400dおよび同ロングは、11月頃の見込み。

・S400d(右、3.0ℓ直6ディーゼルターボ):1116万円
・S400d 4マティック(左、3.0ℓ直6ディーゼルターボ):1160万円
・S400dロング(右、3.0ℓ直6ディーゼルターボ):1461万円
・S400d 4マティック・ロング(左、3.0ℓ直6ディーゼルターボ):1505万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します