現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW X2の最上級モデル「M35i」が欧州で発表

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.14

BMW X2の最上級モデル「M35i」が欧州で発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独BMWは9月7日、コンパクトクロスオーバー「X2」の最上級モデルに位置付けられる「X2 M35i」を欧州で発表した。

今年4月に日本で発表された「X2」。BMWが“スポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)”と呼ぶそのクーペタイプのクロスオーバーは、標準タイプのSUV(BMW流にはSAV)に比べて、より「スポーツ」を前面に押し出したモデルとなる。

    8シリーズクーペ発売 最大50m自動でバックして戻る「リバース・アシスト」も採用!?

国内発表時点のラインアップは1.5リッターターボ・FFの「sDrive18i」と2リッターターボ・4WDの「xDrive20i」の2タイプ。今回欧州で発表された「X2 M35i」は、2リッターターボ・4WDで、形式こそ代わり映えしないが、その中身はBMW M GmbHにより大幅なチューンされた専用ユニットとなる。

スペックが最高出力306hp、最大トルク450Nmとシリーズで最もパワフルなのは当然として、ハイチューン化に伴い、冷却系も設計が見直されているほか、組み合わされる8速オートマチックトランスミッションもM GmbHによりチューンされ、ローンチコントロールが備わるなど機能も強化されている。

0-100km/h加速は4.9秒とスポーツカー並みの実力。このあたりはセダンとSUV系とで悩むファンにとっても、強いアピールとなりそうだ。

シャシーについては、リアサスペンションが構造から見直されている。またMスポーツサスペンションにより強化され、車高も標準タイプより若干低くセットされている。

デザイン面では、フロントスポイラーやリアスポイラーが専用品となるほか、グリルや冷却性アップのために採用されたサイドエアインテークがセリウムグレー処理を施したものとなる。またホイールも同様にセリウムグレー仕様(サイズは標準で19インチ、オプションで20インチも設定)となり、マフラーも直径100mmの2本出し仕様となるMスポーツエキゾーストシステムが採用される。

なおX2 M35iの発売予定は、欧州では2019年3月が予定されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します