現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ルノー コレオス、メルセデス製1.3Lターボ搭載か…兄弟車のエクストレイルはどうなる?

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.7

ルノー コレオス、メルセデス製1.3Lターボ搭載か…兄弟車のエクストレイルはどうなる?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノーのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『コレオス』改良新型を、猛暑の南ヨーロッパでキャッチした。ルノー日産、ルノーサムスンにより共同開発されたコレオスは、日産『エクストレイル』や『キャシュカイ』とプラットフォームを共有する兄弟車だ。

コレオスは2016年に北京モーターショーで第2世代がワールドプレミア。今回捉えたモデルはそのフェイスリフト版となる。改良新型では、前後デザインを刷新、新開発のエンジンを搭載すると見られている。

捉えた開発車両のフロントマスクは、ルノーが近年のデザインアイコンとする「サイクル・オブ・ライフ」を継承、L字型LEDデイタイムランニングライトをヘッドライトの下に配置するはずだ。またリア部も完全にカモフラージュされているが、テールライトが新グラフィックとなる。

パワートレインには、ダイムラーと共同開発した1.3リットル直列4気筒直噴ターボエンジン「TCe」のルノー版を搭載し、同ブランドのSUV『カジャー』と共有すると予想されている。日産兄弟モデルへの影響も気になる所だ。またコックピットでは、やはりカジャー同様にインフォテインメントシステム・ディスプレイが大型化される。

ルノーは10月のパリモーターショーでカジャー改良新型を発表すると見られ、2019年3月のジュネーブモーターショーでコレオス改良新型のワールドプレミアが予想されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します