現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ケルヒャーのロードスイーパーは4WSを超えるボディ中折れ操舵:普通免許で運転OK

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.7

ケルヒャーのロードスイーパーは4WSを超えるボディ中折れ操舵:普通免許で運転OK

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本法人設立30周年となるケルヒャージャパンが、都内にて業務用から家庭用製品と新製品の発表・展示会を開催した。屋外会場には、同社のロードスイーパーの展示もあった。

ケルヒャーといえば、カーオナーとしては洗車にも使える高圧洗浄機のメーカーという認識だろう。もともとは業務用の床洗浄機などを扱っており、いまでもビジネスのおよそ半分は事業者向けの清掃・洗浄機器だ。汎用の業務用高圧洗浄機だけでなく、工作機械が出す金属くずの掃除機や、タンクローリーのタンク内部洗浄システムなども作っている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

そして、同社では「シティクリーナー」と呼んでいる汎用の小型車両も開発・販売している。通常はスクレーパーとスイーパー(ブラシ)を取り付けて、道路などの掃除を行うため「クリーナー」の名がつくが、アタッチメントを交換すれば草刈、除雪など多目的車両となる。

展示してあったのは、MIC42と呼ばれる新型のシティクリーナー。およそ42PSのディーゼルエンジンを搭載する。排気ガス規制はEPA Tire4に対応する。一人乗りでコンパクトだが、集めたごみなどを収納するコンテナ(800リットル)がけん引車のような後輪にセットされる。このままだとけん引免許がないと運転できそうにないが、けん引のジョイントに見える部分は、中折れ式のボディの可動部分、つまりステアリング機構なのだ。

そのため普通免許でも運転可能な車両だという。キャビンは両側ドアで乗り降りがしやすい。コックピットにはドリンクホルダーやUSB充電ポートなども付いている。ブラシなどの操作に慣れないドライバーのため1ボタンでブラシの上げ下げも可能だ。

雪国向けには、除雪プラウ、ラッセルなどいくつかのバリエーションがある。中折れボディは小回りがきき、回転半径は97センチ。

じつはEV化の開発も進めらているが、いまのところ車両とアタッチメントの駆動、吸引装置などを含めると、搭載するバッテリーのコストがネックになっているという。技術的に大きな問題はないというので、ダイソンがEVを開発しようとする時代だ。ケルヒャーの電動シティクリーナーにも期待したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 中尾真二)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します