現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMG 53シリーズ…上野社長「すべてをハイレベルでバランスさせている」

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.6

メルセデスAMG 53シリーズ…上野社長「すべてをハイレベルでバランスさせている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は、ハイパフォーマンスブランドであるメルセデスAMGに初めてマイルドハイブリッドシステムを採用した53シリーズを新規設定し、9月6日から受注を開始した。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日都内で開いた発表会で「究極のパフォーマンスを追求するメルセデスAMGの新しいモデルシリーズである53を『Eクラス』ファミリーと『CLS』に追加する。53シリーズはハイパフォーマンスモデルに電気によるブースト機能などを持つ48V電気システムを組み合わせることで、さらにそのパフォーマンスを向上させるというコンセプトを採用している」と紹介。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

さらに「その電気システムの様々な機能により、43シリーズでも追求しているハイパフォーマンス、快適性能、ドライビングプレジャー、環境性能すべてをハイレベルでバランスさせていることが、このクルマの特徴」とも述べた。

日本に導入される53シリーズは、Eクラスのセダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレおよびCLSに設定され、いずれも3リットル直列6気筒ターボエンジンに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と名付けたオルタネーターとスターター機能を兼ね備えた電気モーター、48V電気システム、電動スーパーチャージャーを組み合わせたパワーユニットを搭載している。

このパワーユニットは日本でも3月から販売が開始された新型『S430』にも採用されているが、メルセデス・ベンツ日本でAMGブランドマネージャーを務めるレナート・ニグマン氏によると「S450よりターボを大型化し最高出力で68馬力、最大トルクで22Nm、それぞれ強化され、エンジン単体で最高出力435馬力、最大トルク520NmとAMGモデルにふさわしいパワーを発揮する」とのことだ。

そのパワーユニットの仕組みは「直列6気筒特有のなめらかで吹き上がりの良いエンジンに、最高出力21馬力、最大トルク250Nm発生する電動モーターを組み合わせ、回生ブレーキによる発電と低回転域でのブーストを行う。さらに低回転域から中回転域で電動スーパーチャージャーが過給を行うことで、ターボラグを感じさせない俊敏な加速を味わうことができる」とニグマン氏は解説。

さらに「ISGはシフトチェンジの際にエンジン回転を最適な回転数にコントロールするアシストを行いスムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを実現するとともに、エンジン始動時やアイドリングの振動を低減するなど快適で気持ちの良いドライビングに貢献する」としている。

53シリーズの価格は1202万~1274万円となっており、納車開始はEクラスセダンおよびステーションワゴンが9月、CLSが10月、Eクラスクーペおよびカブリオレが11月を予定しているという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 小松哲也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します