現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス-AMG 53シリーズ日本発売 直6+ISG E53/CLS53の内装/価格 画像14枚

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.6

メルセデス-AMG 53シリーズ日本発売 直6+ISG E53/CLS53の内装/価格 画像14枚

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー AMG 53シリーズとは
ー 新型直列6気筒エンジン M256
ー AMG 4マティック+/ライドコントロール+
ー AMG 53シリーズ 外観
ー AMG 53シリーズ 内装/価格

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

AMG 53シリーズとは

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス-AMG 53シリーズ」を発表し、受注を開始した。

AMG 53シリーズは、

・直列6気筒エンジン
・ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)
・48V電気システム
・電動スーパーチャージャー

を組み合わせ、さらに可変トルク配分を行う、四輪駆動システム「AMG 4マティック+」を採用。走行性能、快適性能というバランスに優れたモデルだ。

加速時にはモーターによる駆動アシストや電動スーパーチャージャーによる過給を行い、素早い変速のためにモーターを制御。電気システムを高性能モデルのパフォーマンス向上に利用するのが特徴。直列6気筒とこれらの新システムの組み合わせにより、大排気量の自然吸気エンジンのような加速感や回転フィールを楽しめる新コンセプト・シリーズである。

「ISG」はエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力22ps、最大トルク25.5kg-mを発生する電気モーター。オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。

この電気モーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力を補助。48Vまで高められた電気システムは、補助に十分な出力を得ることができ、60Vを下回る電圧としたことで、専用の乗員保護機構は不要となる。

各機器について解説をしよう。



新型直列6気筒エンジン M256

AMG 53 シリーズに搭載される新型「M256」エンジンは、電化を前提にして設計された初めてのパワーユニットだ。

S450に搭載されるエンジンに大型のターボを組み合わせ、単体で最高出力435ps、最大トルク53.0kg-mを発生(S450比プラス68ps、プラス2kg-m)。従来はエンジン回転を動力源としていたエアコンディショナー、ウォーターポンプなども電動化されたため、エンジン前部のベルト駆動装置が不要となったほか、エンジン近接型の触媒を採用し、効率的な排出ガス処理を可能にしている。

さらに、12mmオフセットされたエンジンや、シリンダーウォールにスティールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE・・摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを減らした。

電動スーパーチャージャー

ターボチャージャーが効果を出しづらい低回転域で過給を行う「電動スーパーチャージャー」を搭載し、ターボラグを解消。

電動スーパーチャージャー、ISG、排気ターボチャージャーとの組み合わせで、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現している。




AMG 4マティック+/ライドコントロール+

四輪駆動システム「AMG 4マティック+」

メルセデス-AMGが開発した新しい四輪駆動システム「AMG 4マティック+」を搭載したのも特徴。

前後トルク配分が50:50から0:100の範囲で可変トルク配分を行い、ハイパワーを四輪へ最適に配分。発進時はもちろん高速走行、ハイスピードコーナリング、そしてコーナーの立ち上がり加速などにおいて高い安定性を発揮する。

AMGライドコントロール+サスペンション

「AMGライドコントロール+」は、高いアジリティやニュートラルなコーナリング特性、優れたトラクションを可能にするシステム。特にスポーティなスプリング/ダンパー設定と連続可変ダンパーの「ADS+(アダプティブダンピング システム)」を採用したマルチチャンバー型エアサスペンションは、ドライビングダイナミクスと快適性を両立。コーナリング時やブレーキング時などにスプリングレートを高め、ロールを効果的に抑制する。

また、各輪の減衰力をその時点の走行状況および路面状態に合わせて自動で調整。この調整を速やかに正確に行うため、ダンパー内に伸び側用と縮み側用のバルブを1個ずつ設けている。

あらかじめ選択できるダンピング特性には「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」の3モードを用意。ボタンを押すことで車高を上げ、駐車場のスロープなどでも気を遣わずに済むのも嬉しい機能だ。




AMG 53シリーズ 外観

フロントのデザインはモデルにより違い、グリルは下記のようにタイプが異なる。

・Eクラス・セダン/ワゴン:
ダイヤモンドグリル

・Eクラス・クーペ/カブリオレ/CLS:
シルバークロームのツインブレードフロントグリル

フロントスポイラーにはシルバークロームのフロントスプリッター、左右エアインテーク部にはシルバークロームの水平フィンが2本ずつあしらわれた。その外側にブラックのフリックを採用している。

CLSでは、さらにサイドエアカーテンが装備され、cd値の低減に貢献。また、ボンネットフードにはパワードームをあしらい、20インチのハイグロスブラックとシルバーのツートーン5ツインスポーク・アルミホイールで足もとを引き締めた。

リアは、ボディ同色のトランクリッドスポイラーリップが装着され、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドにより、スポーティでダイナミックなデザインとした。




AMG 53シリーズ 内装/価格

「AMGパフォーマンス・ステアリングホイール」は、ステアリングから手を離さずに、ナビ操作や車両の設定などが行える、「タッチコントロールボタン」や、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」を操作するスイッチを備えた最新世代。

ふたつの高精細12.3 インチ・ワイドディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイは、空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調している。

AMG 53シリーズ 価格

AMG 53シリーズの価格は下記の通り。なお、納車はEクラス・セダン、ワゴンが9月、CLSが10月、Eクラス・クーペ、カブリオレが11月を予定。

メルセデス-AMG E53 4マティック+(左・右):1202万円

メルセデス-AMG E53 4マティック+ステーションワゴン(右):1239万円

メルセデス-AMG E53 4マティック+クーペ(左・右):1213万円

メルセデス-AMG E53 4マティック+カブリオレ(右):1268万円

メルセデス-AMG CLS53 4マティック+(左・右):1274万円

AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『メルセデス-AMG 53シリーズ日本発売』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみください。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します