現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日本と欧州で売れている電気自動車「日産リーフ」、標準車とNISMOで補助金が異なる理由とは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年上半期、欧州における電気自動車販売のトップに立ったのが日産リーフ、その販売台数は1万8000台を超えたという。日本においても、バッテリー総電力量を40kWhまで大きくし、航続可能距離を400km(JC08モード)まで伸ばした新型リーフは注目度が高く、実際売れ行きも好調だ。日本での2018年上半期の販売台数は1万4586台、同じ時期の数字でみればマツダ・アクセラやホンダ・シビックよりも売れている。

こうした売り上げを支える要因のひとつが国から出ているCEV(Clean Energy Vehicle)補助金だろう。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く