現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス 4年以内に9車種のEV投入 EQCに引き続き

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.5

メルセデス 4年以内に9車種のEV投入 EQCに引き続き

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー EQCの他に9車種のEVを
ー AMGのEV化も計画中

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

EQCの他に9車種のEVを

メルセデスはEQCの発表をもってEVの展開をスタートした。同社は今後4年間に9車種の新たなゼロエミッション車を投入する計画だ。

2022年までの間に、SUVのEQC、ハッチバックのEQA、小型SUVのEQB、フラッグシップサルーンのEQSの発売が確定している。

さらに、スマートから発売されるフォーツー、フォーツー・カブリオレ、フォーフォーの3車種も含まれる。

さらに、Vクラスも2022年までに電動化されることが確認されている。残りの車種については未発表だが、EQAをベースとしたサルーンになる可能性が高いとみられている。これは中国市場を念頭に置いたものだ。

メルセデスの研究開発部門を統括するオラ・カレニウスはいう。「EQファミリーには複数のサルーンも含まれています。しかし、戦略的にいってEQCがその最初を飾るのにふさわしいと考えました。プレミアムSUVの中核を担うモデルです」

SUVのような車高の高い車両は、バッテリーを搭載するスペースが確保しやすいこともその理由だ。

AMGのEV化も計画中

ディーター・ゼッチェ会長は「これらの10車種により、われわれが展開するセグメントの60%をカバーできます」と付け加えた。ゼッチェによれば、今後の需要に応じて残りの40%に該当する車種の投入も検討中だという。

さらに、今後EVがより一般化すればメルセデスが「EQ」をブランド化しないことも検討しているようだ。その代わり、スタンダードなメルセデス、メルセデス-AMG、メルセデス-マイバッハのそれぞれにEQ版を設定することになる。

ゼッチェはさらに、いずれAMGのEV化を図る計画も語った。しかし、その前にハイブリッド化が先だという。

「いつの日か、電動AMGが登場するでしょう」と彼は語り、それが今後5年以内であることを示唆した。

2022年までに投入される10車種に加え、メルセデスはマイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドを含む50車種を電動化する方針だ。この計画のため、同社は100億ユーロ(1兆3000億円)規模の投資を行っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します