現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバル WRX に雷雨エディション、100台をカナダで…「雷鳴は長く続かない」

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.4

スバル WRX に雷雨エディション、100台をカナダで…「雷鳴は長く続かない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU(スバル)は9月3日、『WRX』の2019年モデルに「RAIUエディション」を設定し、カナダ市場で発売すると発表した。

RAIUエディションは、日本語の「雷雨」にインスピレーションを得て、カナダのWRXの15年以上の歴史で初めて設定される特別モデル。「STI」ではない標準仕様のWRXをベースにしている。

    新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい

ボディカラーには、クールグレーカーキの専用色を採用。STIのフロントリップスポイラー、サイドシル、リアアンダースポイラーなどにより、エアロダイナミクス性能を引き上げた。足元には、ガンメタル仕上げのアルミホイールを装着。ドアミラーとシャークフィンアンテナは、ブラックとした。

2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力268hp、最大トルク35.7kgmを発生。トランスミッションは6速MTのみとなる。この6速MTは、STIのショートストローク仕様。

RAIUエディションは100台限定で発売され、現地価格は4万0995カナダドル(約350万円)。スバルのカナダ部門は、「雷鳴は長く続かない(購入はお早めに)」、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します