現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > キャデラック・エスカレード、20周年 大型ラグジュアリーSUVのアイコン

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.4

キャデラック・エスカレード、20周年 大型ラグジュアリーSUVのアイコン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 83万台を販売
ー 2002年~ 第2世代モデル
ー テクノロジーリーダーとしての一面

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

83万台を販売

1998年8月に、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスでデビューを飾ったキャデラック・エスカレードが、20周年を迎えた。フルサイズのラグジュアリーSUVという新たなセグメントを確立させたアイコンの歴史を振り返ろう。

キャデラックの社長スティーブ・カーライルは、「この20年間で、エスカレードはフルサイズのラグジュアリーSUVとして高い評価を得るだけでなく、洗練されたスタイルを象徴する文化的アイコンとしても人気を博してきました。エスカレードは、ハイウェイを走るだけでなく数々の映画にも登場したことで、世界中のドライバーやファンに広く受け入れられてきました」と述べている。

エスカレードは、発売から20年のうち15年間、特に2014年以降、総売り上げでライバルの追随を許さぬ存在となった。2015年にデザインを一新してからは、毎年ほぼ30億ドル以上の売り上げを記録。販売台数は米国で75万台を上回り、世界全体では83万6000台にのぼる(ESV、EXT、ハイブリッドモデルを含む)。




2002年~ 第2世代モデル

ラグジュアリーSUVの人気が高まり始めた時期に誕生したエスカレードは、キャデラックならではのデザインのもと、技術面、性能面を新たに見直し、短期間でセグメントにおける傑出したエントリーモデルとしての地位を確立。カスタマーは、室内空間の広さ、性能、比類ない存在感に魅了されたのだ。

カーライルは、「そのコンビネーションはたちまちのうちに人々の共感を呼びました。ポップカルチャーを通してまったく新しい世代のラグジュラリー層にキャデラックの存在を浸透させ、ブランドのイメージを大きく変化させることとなりました」と語る。

2002年に第2世代モデルが発売されると、その直後のエスカレードの売り上げは35%を上回る勢いで増大し、より汎用性の高いエスカレードEXTが本格的な生産に入った翌年にはさらに55%の成長を記録。

発売開始から5周年を迎えるまでには、エスカレードの売り上げはおよそ230%まで膨れ上がり、顧客はもちろん、トレンドを左右するインフルエンサー、バレーパーキングが考えるラグジュアリーカーの定義を変えるまでになった。




テクノロジーリーダーとしての一面

またエスカレードは、以下のような数々の特長でテクノロジーリーダーとしての評価を獲得した。

・フルLEDヘッドライト(2009年)、リフレクター内蔵のLEDハイビームヘッドライトおよびテールライト(2015年)をそれぞれ初採用

・フルサイズのラグジュアリーSUVとしては初めて、世界最速の応答性を誇るサスペンションシステム「マグネティック・ライドコントロール」を採用(2009年)

・フルサイズのラグジュアリーSUVとしては世界初となるハイブリッドモデルを投入し、市街地モードのEPA燃費を50%向上(2009年)。

・ラグジュアリーSUVとしては初めて、フロントセンターエアバッグに加え、警告振動機能を備えたセーフティアラート・ドライバーシートを採用(2015年)

エスカレードの系譜は、第1世代(1999年~2000年)、第2世代(2002年~2006年)、第3世代(2007年~2014年)、第4世代(2015年~現在)へと引き継がれている。象徴とも言えるグリルデザインはその世代を追って進化。キャデラックのロゴはモデルを識別する上での最も大きな特徴となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します