現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ホンダ CR-V 新型】寺谷日本本部長「月1200台は堅めの目標」…HVは全体の45%を想定

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.30

【ホンダ CR-V 新型】寺谷日本本部長「月1200台は堅めの目標」…HVは全体の45%を想定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは8月30日、同社の代表的なグローバル車であるSUVの『CR-V』を31日に発売すると発表した。日本では2016年8月に販売を休止していたが、SUVの需要拡大もあって2年ぶりに市場投入する。

CR-Vは元々、日本向けに開発し1995年に最初のモデルを発売した。その後、世界市場で受け入れられ、17年にはグローバル販売が76万台と、『シビック』と並ぶ同社の量販車に成長している。今回、日本に復活させるのは16年12月に、まず米国から販売を開始していた5代目モデル。

    ホンダ CR-V再発進。400万円クラスのSUVを売るブランド力があるか?

日本向けは1.5リットルのガソリンターボ車とハイブリッド車(HV)の2タイプで、HVは2.0リットルのエンジンと2モーターにより走行性能も高い「i-MMD」方式を採用した。i-MMDのHVでは初となる4WDも設定している。HVの発売は11月1日の予定。また、ガソリン車には、日本ではこれまでなかった3列シートの7人乗りを設定し、ミニバンからの乗り換えなどにも備えている。

シリーズの月間販売計画は1200台と設定した。日本本部長の寺谷公良執行役員によるとHVは全体の45%、またガソリン車のうち3列シートは20%程度を見込んでいるという。寺谷氏は、販売計画について「1200台以上は売れるとの自信はあるが、国内のCR-Vの保有も少なくなっているので、やや堅めの目標とした。まずはこれをしっかり達成したい」と述べた。

ホンダの2018年度の国内販売は73万台(前年度比1%増)の計画。第1四半期までの実績は「軽自動車Nシリーズの貢献で、計画に対してオンペース」(寺谷氏)と順調だが、CR-Vの投入により「ブランド力の面でも期待は大きく、(73万台の年度計画に対し)プラスαの実績としていきたい」と話した。

一方、寺谷氏は一度販売休止したCR-Vを復活させる経緯について「休止したのは13年に『ヴェゼル』を投入し、これに集中して絶対成功させるという判断があった。ヴェゼルは(14~16年に)3年連続でSUVナンバーワンになったが、CR-Vのようにより上級のSUVを求めるお客様の声も増えてきた」と説明した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 池原照雄)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/08/30 14:30

    違反報告

    フォレスター エクストレイル CX-5 ハリヤーなどのライバル車の月販台数の1/2から1/4の台数ですね。堅めの目標とホンダさんは言っていますね。
    CR-Vの異常と言える高価格設定では堅めの目標ではなく、本当に頑張った時のマジ目標だと思います。
  • toa*****|2018/08/31 16:15

    違反報告

    アメリカで売れてるから・外国で流行ってるから。だから日本でも当たる。
    そう思ってる導入したなら大違い。外国で受けてる物が必ずしも
    日本で当たるとは限らない。そして総じてホンダの設定金額は高い、

    今やステップワゴンが廃止になる噂すらあるホンダ。設定金額を
    見直した方がいいかと・・・ただ放置の日産よりはマシ。
  • chi*****|2018/08/30 14:55

    違反報告

    テールランプがアメ車過ぎる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します