現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 初試乗 フォルクスワーゲン・アトラス・タンオーク・コンセプト 量産なるか?

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.29

初試乗 フォルクスワーゲン・アトラス・タンオーク・コンセプト 量産なるか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー MQBプラットフォームの多彩性
ー 既に高い完成度を誇る
ー 量産化は現段階では未定

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

MQBプラットフォームの多彩性

あくまでも、フォルクスワーゲンのMQBプラットフォームの多彩性を示すためのクルマとして生まれ、ニューヨーク・モーターショーで発表されたのが、このアトラス・タンオーク・コンセプト。事実、Bセグメントに属するポロから、このピックアップトラックまで、幅広いモデル展開が可能なようだ。

さらに、このデュアルキャブ仕様のコンセプトカーは、北米でのマーケットでの存在感を高める目的も背負っているに違いない。ピックアップトラックの収益性は高まる一方なのだ。その反面、トヨタ・タコマやフォード・レンジャー、シボレー・コロラドなど、強豪相手に競争を繰り広げることも意味する。

もし量産される場合、強固なラダーフレームを備えるアマロックの上級ラインとして、追加されることになるはず。また、7人乗りSUVのアトラスやスポーティなアトラス・クロススポーツと並んで、3モデル展開されているアトラスのラインナップの1台に、加わることにもなる。

このアトラス・タンオークは、商用目的のクルマというよりも、多様なライフスタイルに応える目的の方が強い。エンジン展開は幅広く、2.0ℓ4気筒ガソリンターボ・エンジンとディーゼルターボ・エンジン、自然吸気の3.6ℓV6ガソリンエンジンから選択できることになっている。今回のコンセプトカーには、この279psと35.6kg-mを発生するV6エンジンが搭載されていた。

横置きされるエンジンは、通常のトルクコンバーターの8速ATを介して4輪を駆動。アクティブ・コントロール機能により、ローレンジとハイレンジを選択できる。

既に高い完成度を誇る

コンセプトカーということで、パフォーマンスの数値は確定したものではないが、フォルクスワーゲンは、0-97km/h加速が8.5秒で、最高速度が189km/hだとしている。最大積載量は750kgで、リアアスクルを強化した仕様では1050kgにまで増やすことも可能。この数字は、クラス最大の積載量となる。

ボディサイズは、全長が5438mm、全幅が2030mm、全高が1844mm。ベースとなるアマロックよりもそれぞれ184mm長く、86mm幅広く、10mm背が低い。ホイールベースは、アマロックが3095mmなのに対し、アトラス・タンオークは3260mm。4ドアボディのタンオークが備える荷室のサイズは、長さ1627mm、幅1450mmとなる。

多くの1点物のコンセプトカーとは異なり、タンオークは量産も現実的な状態にあるといえる。細部まで非常に完璧に仕上げられたエクステリアデザインや上質なインテリア、明確なメカニカル・パッケージなど、フォルクスワーゲンがこのピックアップトラックを真剣に検討していることがわかる。

わたしが見る限り、既にショールームに並んでいてもおかしくないほどの仕上がりで、正直、アマロックよりも乗ってみたいと思わせる、魅力的なクルマだ。

タンオークはレザーシートを備えるが、着座位置は高く、レンジローバーのようなコマンドポジション的な視界が広がり、シートに腰掛けるというよりは、上に乗っているような印象がある。比較的高めのショルダーラインは、適度な包まれ感を演出している一方で、充分な視界も得られているから、大柄なボディでありながら、車幅感覚などは掴みやすい。

インテリアはSUVのアトラスがベース。デジタルメーターとフォルクスワーゲン製の最新のインフォテインメント・システムを備えているのがポイントだ。定員は5名となるが、後席中央は、トランスミッションのトンネルが足元に張り出し、レッグルームは足りていない。といっても、汎用性や多機能性のためには必要な構造で、タコマやレンジャーなども条件は同じ。

量産化は現段階では未定

フォルクスワーゲンによれば、タンオークを量産するかどうか、まだ検討段階とのことだが、公道で試乗した限り、コンセプトカーを超える技術的な完成度を得ていることは明らか。キーとなる要素は、すべて身につけていると感じた。

V6エンジンは、速度指定のあった48km/hまでだが、量産モデルのごとくスムーズにボディを引っ張る。5kmほどの試乗ではあったものの、舗装路では充分素晴らしい仕上がりを得ていることは、充分に理解できた。

乗り心地は硬いが、アトラスと同様のサスペンションストロークを確保している。また、20インチという大径ホイールを履いてはいるが、多くのコンセプトカーとは異なり、路面の凹凸にも柔軟に対応できていた。48km/hという速度制限のため、ダイナミクス性能に迫ることはできなかったものの、コーナーでのボディ制御も、良くできていたと思う。

といっても、量産するにはまだやるべき課題は沢山あることにも違いない。ピックアップモデルを展開する上で重要な決定は、コンセプトカーのようなモノコック構造にこだわるかどうか。モノコック構造は、高い剛性と洗練性を叶えてくれるが、多くのライバルが身につけているラダーフレーム構造の方が、積載量や牽引能力では、一枚上手となる。

このタンオークが、ミドルサイズのピックアップセグメントにおいて、充分な競争力を持っていることは明らか。既にしっかりと煮詰められ、高い完成度を得ている。わたしの第一印象では、このアトラス・タンオークを量産するのなら、高い確率で成功するように感じた。

続報が楽しみだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN グレッグ・ケーブル)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します