現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 露カラシニコフ クラシカルなEV発表 AK-47アサルトライフルの銃器メーカー

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.29

露カラシニコフ クラシカルなEV発表 AK-47アサルトライフルの銃器メーカー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モジュラーバッテリーを搭載 テスラに対抗

カラシニコフはAK-47アサルトライフルでよく知られるロシアの銃器メーカーだが、今回発表した新製品は「CV-1」という電気自動車だ。299psのパワーとレトロなスタイルを持つクルマで、パフォーマンスはテスラに対抗できるという。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

プロトタイプのCV-1は、ロシアのクビンカで開催された「アーミー2018国際軍事技術フォーラム」で発表された。1970年代に発表されたIZH 2015コンビをベースにしたスタイリングを持つ。

CV-1はモジュラーバッテリーを搭載しており、合計で90kWhになる。カラシニコフによれば、50✕50✕100cmの「画期的なインバーター」を搭載し、航続距離は354kmだという。

CV-1のモーターはまったく特別なものではないが、カラシニコフの発表では0-100km/h加速は6秒前後だという。




旧ソ時代のモデルがベース

カラシニコフの広報は「RIAノーボスチ」通信を通して次のように述べた。「この技術は、われわれのEVメーカーとしての地位を国際的なレベルにまで押し上げるものです。われわれはテスラに比肩するメーカーとなるでしょう」

オリジナルの2125コンビは、ラーダなどと同じく、UAZの傘下として1973年から1997年まで存在したIZHによって製造されていたモデル。その中でもハッチバックは1.5ℓ 70psのエンジンを搭載したモスクヴィッチ412をベースにしていた。

カラシニコフは銃器が最も有名だが、軍用、民用問わず兵器類やその他のシステムを幅広く製造している。この中にはバイクやオフロード車、さらにはイゴレックと呼ばれる、最近発表された4m、4.5tの有人ロボットも含まれる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します