現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスEQシルバーアロー 748psの単座ワンオフEV ペブルビーチ

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.25

メルセデスEQシルバーアロー 748psの単座ワンオフEV ペブルビーチ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

W125レコードワゴンの再来

メルセデス・ベンツが、748psを発揮するシングルシーターEV、シルバーアローを発表した。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

1930年代に最高速レコードを達成した「W125レコードワゴン」(5.6ℓ V12、735ps、432.7km/h)にインスパイヤされたコンセプト・モデルである。

全長5300mmの新コンセプトは、2019年にEQ Cとともに展開がはじまるエレクトリック・ラインナップの方向性を示すものでもある。

プラットフォームは、メルセデスのEV用アーキテクチャーであるMEAを採用。フラットなフロアにはバッテリーモジュールが敷き詰められている。W125を想起させる銀色のボディは、カーボンファイバー製だ。




コクピットは未来的 デュアルディスプレイ

高速になるとせり上がってくるリアスポイラーは、ブレーキング時にはエアブレーキとしても機能。車内はウッドとレザーを用いて未来的な空間とし、正面に大型ディスプレイ、ステアリング上に第2のディスプレイを配置した。

バッテリー容量は80kWhで、理論上の航続可能距離は400kmに達する。

近年メルセデスは、ペブルビーチでコンセプトを発表している。シルバーアローは、2016年のマイバッハ6、2017年のマイバッハ6コンバーチブルに続く第3のコンセプト・モデルとなった。

AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『メルセデスEQ シルバーアロー』すべての画像をみる」から12枚の画像をお楽しみください。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します