現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型BMW Z4デザイナー語る デザイン、こうなったワケ スープラは「無関係」

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.25

新型BMW Z4デザイナー語る デザイン、こうなったワケ スープラは「無関係」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 新たなデザイン言語の流れを
ー 運動性能を追求 スポーティに

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

新たなデザイン言語の流れを

BMWの新生Z4のエクステリアデザイナー、カルヴァン・ルークは、このクルマがBMWのデザイン言語の新時代へとつながる道すじを作っているという。

「Z4と8シリーズに用いられたデザイン言語は、余分なラインを可能な限り減らすことにあります」と彼は説明する。「この哲学は、一対の大胆なラインと、それに組み合わされるソフトなラインで構成されています」

例えば、Z4のくさび形のラインにもソフトなラインが組み合わされているという。

BMWの象徴的なキドニーグリルは、Z4では新たなメッシュが与えられた。これは今後他のBMW車にも採用されるだろう。「BMWのモチーフである垂直なバーは残されていますが、小さな航空機のようなメッシュを取り入れました。これは328ミッレ・ミリアを思い起こさせるものです」と彼はいう。

BMWが用いる「ダブル・ラウンド」ライトをも、上下に並べることで再定義した。「このライトはスケッチの段階で決定されました。これにより、さらにエキゾチックでスポーツカーらしさが出るでしょう。ライトは高く、キドニーグリルは低く配置しています」

運動性能を追求 スポーティに

ルークは新型Z4のドライビングダイナミクスを追求したことについても触れた。「ホイールベースは若干短くなりましたが、運転席をやや前方に移動し、回転軸がドライバー後方になるようにしました。先代はボンネットが少々長すぎたでしょう。依然としてBMWのロードスターらしく長いボンネットを持ちますが、少しばかり短くなっています」

リアについては、ワイドなスタンスを実現したという。ワンピースの彫刻的なライトや複合的なリアスポイラーのほか、最上級のM40iには4本出しエグゾーストが備わる。

ルークは、Z4をデザインする上で最大のチャレンジはフロントだったという。

「それぞれのプロジェクトには特有の困難がありますが、フロントは衝突安全性の観点からしばしば問題となります。たとえば、われわれはキドニーグリルの位置を可能な限り下げましたが、この懸念がなければさらに低い位置に取りつけられたでしょう」

Z4はトヨタ・スープラとの共同開発で知られているが、ルークによればデザインチームは連絡を取り合っていないという。「スープラは独立したチームが取り組んでいます。Z4のデザインをする上で、トヨタのスタッフと話をしたことはありません」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します