現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW M2の標準モデルがM2コンペティションになった!

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.23

BMW M2の標準モデルがM2コンペティションになった!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月にドイツで発表されたBMW M2コンペティションが日本でも発売された。従来型より剛性と制動力をアップし、走行性能を高めた新型BMW M2コンペティションの販売を開始した。

 新型M2コンペティションは、M4由来の高性能エンジンを搭載。そのポテンシャルを最大限引き出すため、BMW M4と同等の冷却システムを採用し、ラジエーターやオイルクーラーを追加。搭載される3.0ℓ直列6気筒ターボは最高出力は40psアップの410ps(302kW)/5250~7000rpm、最大トルクは85Nmアップの550Nm/2350~5200rpmを発揮する。価格は6速MTが873万円、7速DCTが898万円となっている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?


 CFRPを使用したストラットブレイズを採用し、剛性をアップ。大径のMスポーツブレーキを装備して、制動力を強化した。ダンパーとスタビライザーは、専用設定した強化サスペンションを装備し、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)のセッティングや、シャシーにもチューニングが加えられた。

 フロントバンパー、キドニーグリル、ドアミラーには、空力性能を向上させるダブルリッジデザインのMミラーを搭載するなどデザインを一新。冷却性能を向上させる大型エアインテークや、ハイグロスブラック仕上げのダブルバー・キドニーグリルを左右が連結したデザインを採用することで、アグレッシブなデザインに磨きをかけた。

 リアにはハイグロス・ブラック仕上げのM2コンペティションバッジが装備されるほか、M2コンペティション専用の19インチホイール、大径ブレーキディスクとグレーメタリック仕上げのキャリパーのMスポーツブレーキシステムを新たに採用。

 インスツルメント・パネルやステアリングホイール、シートなどインテリアも一新された。新採用のMスポーツ・シートは高いホールド性でドライバーをサポートする。

SPECIFICATIONS
BMW M2コンペティション(6速MT)※〈 〉内は7速DCT
■ボディサイズ:全長4475×全幅1855×全高1410mm ホイールベース:2695mm ■車両重量:1610〈1630〉kg ■エンジン:直列6気筒DOHCターボ 総排気量:2979cc 最高出力:302kW(410ps)/5250~7000rpm 最大トルク:550Nm/2350~5200rpm ■トランスミッション:6速MT〈7速DCT〉 ■駆動方式:RWD ■サスペンション形式:FダブルウイッシュボーンR5リンク ■タイヤサイズ:F245/35ZR19 R265/35ZR19 ■走行性能 0→100km/h:4.4〈4.2〉秒 ■環境性能(JC08モード) 燃料消費率:10.8〈11.2〉km/ℓ ■車両本体価格:873万円〈898万円〉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します