現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツE450 4マティック日本発売 Eクラスに仕様変更

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.22

メルセデス・ベンツE450 4マティック日本発売 Eクラスに仕様変更

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 3.5ℓから3.0ℓに変更
ー セダン/ワゴン全車 本革シート標準化
ー Eクラス 価格情報

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

3.5ℓから3.0ℓに変更


メルセデス・ベンツ日本は、V6エンジンの出力を高めたEクラス「E450 4マティック」を日本導入した。あわせて、一部モデルの装備内容、デザインを変更して発売した。

2016年7月に発表した現行型Eクラスは、最先端のテクノロジーを搭載し、安全性、快適性を両立した次世代のインテリジェントドライブを体現するモデルだ。

今回の変更では、従来のE400 4マティックで採用されていた3.5ℓ V6のM276エンジンを3.0ℓに変え、最高出力を34ps、最大トルクを2kg-m向上し、最高出力367ps、最大トルク51.0kg-mとした。

これに伴い、E400 4マティックは生産を終了する。




セダン/ワゴン全車 本革シート標準化

また、Eクラスのセダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレに共通で、ステアリングを最新世代のデザインに変更。さらに、ステアリングから手を放さずに、ナビの操作や車両設定を行える「タッチコントロールボタン」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」を操作するスイッチを備えた。

Eクラスのセダン/ステーションワゴンについては、「E200アバンギャルド 」、「E200 4マティック・アバンギャルド」、「E220dアバンギャルド」、「E250アバンギャルド・スポーツ」および「E350eアバンギャルド・スポーツ」に本革シートを標準装備化。これにより、Eクラスは全モデルで本革シートが標準装備となった。

Eクラスのクーペ/カブリオレについては、新型CLSと同じタイプの「イルミネーテッド・エアアウトレット(前席)」を採用。タービンエンジンをイメージしたフォルムの送風口で、全体がシルバーシャドー仕上げとなっており、未来的な雰囲気を創り出している。




Eクラス 価格情報

Eクラスの価格は下記の通り。

セダン:701万円~1805万円
ステーションワゴン:738万円~1858万円
クーペ/カブリオレ:700万円~1141万円

E450 4マティックは下記の通り。

E450 4マティック・エクスクルーシブ:1053万円
E450 4マティック・ステーションワゴン・エクスクルーシブ:1116万円
E450 4マティック・クーペ・スポーツ:1086万円
E450 4マティック・カブリオレ・スポーツ:1141万円

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『メルセデス・ベンツE450 4マティック日本発売 Eクラスに仕様変更』すべての画像をみる」から、21枚の画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します