現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > サウジ国営ファンド テスラ競合に10億ドル投資へ 石油以外の収入確保 

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.21

サウジ国営ファンド テスラ競合に10億ドル投資へ 石油以外の収入確保 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー まずは半額の投資を
ー PIFは他の投資先も模索中

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

まずは半額の投資を

米国の電動カーメーカー、ルーシッド・モーターズは、サウジアラビアの政府系ファンドであるPIFからの投資を受けるための協議に入ったようだ。ロイターが報じた。

2者はPIFが10億ドル(1100億円)を投じてルーシッドの大部分を取得する旨の覚書を交わしたようだ。初期の投資額は5億ドル(550億円)となり、ルーシッドの開発状況に応じて追加の投資が行われる予定となる。

2016年、ルーシッドは初の市販モデルとなる「エア」の計画を発表し、アリゾナ州カーサ・グランデに建設した7億ドル(770億円)の設備で今年中に生産を開始するとしていた。しかし、資金不足により2020年まで先延ばしされている。

エアはプロトタイプのみが存在し、1000psの最高出力で0-97km/h加速を2.5秒でこなすスポーツ・ラグジュアリー・サルーンだ。640km超の航続距離を持ち、価格は6万ドル(660万円)から10万ドル(1100万円)程度とされている。

PIFは他の投資先も模索中

PIFは投資のための資金を2500億ドル(27兆5000億円)程度保有しているとされる。資金を各国に分散させることにより、石油以外の収入源を確保することが狙いだ。例えば、アップルやクアルコムを含むテクノロジーグループに450億ドル(5兆円)を投じている。

しかし、ロイターによればルーシッドとの契約は必ずしもうまく進むとは限らないようだ。PIFは現在5%のテスラに対する持株比率を引き上げる考えだと報じられている。

ルーシッドはテスラ副社長であったバーナード・シェによってアティエヴァという名称で2007年に設立されている。現在のチーフ・テクノロジー・オフィサーであるピーター・ローリンソンはジャガー、ロータス、テスラの技術開発を指揮した経験がある。

バーナード・シェは当時25%の株式を保有していた中国のBAICとの対立が原因となり、2015年に退社している。ルーシッドの関係企業には、バッテリーを供給するサムスンや、フォーミュラEの技術開発で協力するマクラーレンやソニーなどがあげられる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します