現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストン マーティン、「007 ゴールドフィンガー」のDB5を再現 25台限定

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.20

アストン マーティン、「007 ゴールドフィンガー」のDB5を再現 25台限定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回転式ナンバープレートも実装?

アストン マーティンが、映画「007 ゴールドフィンガー」に登場する劇中車のDB5を、25台限定で製造する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

さらに追加で3台が制作され、うち1台はアストン マーティンが保管する固体、もう1台がイーオン・プロダクションズ(該当映画の製作会社)、最後の1台はチャリティ・オークションに出品されるという。

映画を沸かせたギミック類は、ボンド作品でデジタル効果やアクションを手がけるクリス・コーボールドが、ビスポーク部門の「Q」と協業して制作。つまりイーオン社から公式に認可を受けた形となる。

このため、回転式のナンバープレートを含む劇中仕様が引き継がれる予定だ。




価格4億円超えか

25台のデリバリーは2019年末に始まり、英国における税込み価格は330万ポンド(4億6525万円)に達する見込み。

なお製造は、オリジナルのDB5が送り出されたニューポート・パグネル工場で実施される見込みだ。

今回の発表に関してアストンのアンディ・パーマーCEOは、次のようにコメントしている。

「ジェームズ・ボンドのファンにとって、アストン マーティンを所有することは夢物語のようなものでした。それも、オリジナルのボンドカーとまったく同じ最高水準のファクトリーで仕込まれたガジェットを装備するのですよ」

「アストン マーティン・ワークスの腕利きたち、ボンド映画のスペシャリストたちが、たった25台に限って夢を現実のものにし、幸運なカスタマーにお届けします」

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『アストン マーティン、「007 ゴールドフィンガー」のDB5を再現』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します