現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マセラティ・レヴァンテGTS日本初披露 世界初、太平洋上で発表会

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.20

マセラティ・レヴァンテGTS日本初披露 世界初、太平洋上で発表会

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トライデント・エクスペリエンス2018で披露

マセラティ ジャパンが、マセラティ・レヴァンテGTSを、太平洋上の大型客船で日本初披露した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

太平洋上での新車発表は世界初の試みだという。

これは、8月18日から4日間に渡る横浜から上海までの顧客向けイベント「マセラティ ジャパン・トライデント・エクスペリエンス2018」という大規模な催しの中で実現したもの。

同船のプライベートクラブとも言える「MSCヨットクラブ」をマセラティが貸し切り、4日間に渡るイベントを開催。船内には特設ショールームを設置し、ブランドヒストリーを紹介したほか、マセラティ純正アクセサリーやグローバル・オフィシャルパートナーであるエルメネジルド ゼニアの最新コレクションを展示した。

8月18日夕刻、この「マセラティ ジャパン・トライデント・エクスペリエンス2018」のために全国から集まった60組のカスタマーをスタッフが出迎え、イタリア最大級の船会社MSCクルーズの客船「MSCスプレンディダ」に乗船、横浜・大黒埠頭から出航。

8月19日には本イベントのメイン・アクティビティとなる「ニューレヴァンテGTSジャパンプレミア」へと案内し、最上階にあるヨットクラブメンバー専用エリアを貸し切った会場で初披露した。



レヴァンテGTSとは?

「ニュー レヴァンテGTS」は、7月に英国で開催された「第25回グッドウッドフェスティバルオブ スピード」において世界初公開。「ニューレヴァンテGTS」の3.8ℓV8ツインターボは、マセラティ史上もっともパワフルなエンジンのひとつに数えられる。フラッグシップのクアトロポルテGTSに搭載されるV8ユニットと同じく90°のバンク角をもつ基本レイアウトを維持しながらも、レヴァンテのQ4インテリジェントAWDシステムに対応するための改良を施したのが特徴。

既存のV8ユニットをさらにリチューンすることで、最高出力550ps/6200rpm、最大トルク74.4kg-m/2500-5000rpmを発生する最新のV8エンジンに、操作性を向上させた新デザインのシフトレバー採用のZF製8速オートマティック・ギアボックスを組み合わせ、0-100km/h加速4.2秒、最高速度292km/hを達成。

今回の発表会に際し、マセラティ ジャパンのグイド・ジョバネッリ代表取締役社長は次のように述べている。

「クルーズとマセラティ、一見何も関係のないように思えるこのふたつには実は共通点があります。それは移動そのものを愉しむということ。マセラティのモデルはいずれも “グランドツーリング” という考えに基づいて作られています。つまり単なる移動の手段ではなく、食事や仲間たちとの語らいなどその過程を愉しみ新たな発見をしていくというライフスタイルなのです。このクルーズを通してマセラティに乗るというライフスタイルをより深く理解していただけるものと信じています」

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『マセラティ・レヴァンテGTS日本初披露』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します