現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 3ドア車、廃止続々 VW筆頭に各社同様のトレンド 需要低下が原因

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.10

3ドア車、廃止続々 VW筆頭に各社同様のトレンド 需要低下が原因

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 3ドアの需要低下 VWグループ、廃止進める
ー 残るは3モデルのみ 他社でも同様の動き

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

3ドアの需要低下 VWグループ、廃止進める

セアト・レオンSCは同社のラインナップから姿を消した。フォルクスワーゲン・グループは3ドアモデルについて整理を続けている。

近年3ドアモデルの販売は減少を続けており、自動車メーカー各社のラインナップから姿を消しつつある。セアトはAUTOCARに対し、需要の低下から、3ドアのレオンは廃止が決定したと語った。

数カ月前には、シティカーであるMiiの3ドアバージョンも廃止された。この理由についてもセアトは、5ドアハッチバックの需要の方が高いからだという。

AUTOCAR英国編集部はセアト広報部に対し、販売されたレオンや「ミー」のボディタイブの内訳を問い合わせている。

残るは3モデルのみ 他社でも同様の動き

ここ2年にわたって、フォルクスワーゲン・グループは次々と3ドアモデルの生産終了を発表したり、実際に終了している。

具体的に言うと、フォルクスワーゲンではビートルやポロ、シロッコ、アップが、アウディではA3が該当する。残る3ドアモデルはわずか3車種のみだ。

しかもこの3車種に関しても、いずれ姿を消すことになっている。次世代のアウディA1とフォルクスワーゲン・ゴルフは5ドアのみとなる予定で、スコダ・シティゴも生産終了が近づいているからだ。

他にも、3ドアモデルを廃止するメーカーは多い。

例えば、レンジローバー・イヴォーク3ドアやヴォグゾールGTCは生産を終了し、軽快な3ドアハッチバックだったキア・プロシードは、5ドアのシューティングブレーク・スタイルにリニューアルされている。

ただし、セアトは過去最高の業績に達している。詳細は「セアト、過去最高の業績に 若きCEOの1日に密着 見据える未来とは」を参照されたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/08/10 19:43

    違反報告

    ヨーロッパで大衆車3ドアが選ばれていた理由は、「安いから」と20世紀のジャーナリストは言っていた。つまり、ヨーロッパ人は利便性よりケチを選んでいたって事ね。
    ヨーロッパ人も2名乗車時に荷物を載せる時、後席ドアを開ける方が便利だという事を認めて、安い3ドアよりも値段の高い5ドアを選択するようになってきたんだね。
  • nei*****|2018/08/10 19:04

    違反報告

    世界的に大衆車か高級車の二極化が進んでいるのか…

    3ドアパーソナルカーは消え去るのみか。
  • ae1*****|2018/08/10 19:20

    違反報告

    ヴィッツも国内仕様から3ドアが消えて久しいし、逆にMINIに5ドアが出ている。

    寂しいとは思うけど、自分も選びにくい。
    最後に乗ってたのはEP71のスターレット。

    20年前に手放した。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します