現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 長期テスト ホンダ・シビック(4) インフォテイメントに不満 燃費に期待

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.9

長期テスト ホンダ・シビック(4) インフォテイメントに不満 燃費に期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 積算4015km インフォテインメントシステムは数少ない欠点
ー 燃費に期待 細かい不満
ー テスト車について
ー テストの記録

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

積算4015km インフォテインメントシステムは数少ない欠点

シビックはとても素晴らしい。同セグメントのフォルクスワーゲン・ゴルフやアウディA3に匹敵する出来だ。

今回でわたしの担当回は終了する。冒頭とは矛盾するようだが、プロとしてここでひとつ、シビックの悪い点についても公平に記しておかなくてはならない。

運転し、所有する上で、シビックがトラブルフリーなクルマなのは間違いない。しかし唯一、インフォテインメントシステムはひどいものだ。

7.0インチのスクリーンは光沢が強く見づらいし、タッチスクリーンの操作性もイマイチだ。動作は遅く、反応にも時間がかかる。ショートカットアイコンは画面の端にあって、場所はわかりづらく押しづらい。そのうえグラフィックはオモチャのようだ。

そして最大の問題点は、システムが直感的でないことだ。一度ならず、ラジオの放送局一覧を見る方法がわからなくなってしまい、毎回判明するまでに何日も要する。ちなみに、今もわからなくなっており、自分の好みでないラジオ局が流れる毎日だ。

レスポンスそのものは、昨年テストしたホンダ・ジャズ(日本名:フィット)よりもわずかに改善されているのだけど……。

燃費に期待 細かい不満

もう少し燃費が良ければいうことないが、比較的大柄なクルマに1.0ℓという小型のエンジンが搭載されていることを考えれば、避けられないことなのかもしれない。

活発に走らせると、すぐに10.6km/ℓ程度まで落ちてしまうのだ。しかし総合燃費は16.4km/ℓで、サリーからケントまで高速を使うと20km/ℓとまずまずな結果になった。

最後に、停止時にはドアミラーのオートフォールディング機能が作動しないことと、モバイル端末の充電ソケットの位置は不適切だと申し上げておこう。それに蛇足ではあるが、中央の収納スペースにワインボトルを入れるとギアチェンジの邪魔になる。

好きなトコロ:ギアシフトのフィーリング

なめらかなシフトフィーリングはこのクルマの最大の美点だ。ギアチェンジするたびにニヤついてしまう。

嫌いなトコロ:フロント部のデザイン

慣れたかと言われれば、未だに慣れない。

テスト車について

モデル名:ホンダ・シビック1.0 VTEC SR
新車価格:2万340ポンド(314万円)
テスト車の価格:2万340ポンド(314万円)

テストの記録

燃費:16.4km/ℓ
故障:無し
出費:無し

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します