現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アレス・パンサー 新画像6枚 デ・トマソ・パンテーラがモチーフ

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.9

アレス・パンサー 新画像6枚 デ・トマソ・パンテーラがモチーフ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ウラカンをベースに パンテーラ風デザイン
ー 今後もラインナップを拡大

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ウラカンをベースに パンテーラ風デザイン

アレス・デザインは、ランボルギーニ・ウラカンをベースとしたスーパーカーにパンサーという名称を用いることを認めた。1台目は10月に出荷される予定だ。

本社のあるモデナ周辺では、偽装が施されたパンサーのテストが度々目撃されている。アレス・デザインによれば、2018年の生産枠はすべて埋まっており、その価格は51万5000ユーロ(6625万円)からとなっている。

前ロータスCEOのダニー・バハールが率いるこのデザインハウスは、ウラカンのプラットフォームを用いた複数のカスタム車両を生産する予定だ。

このクルマのデザインは1971年型のデ・トマソ・パンテーラにインスパイアされたもの。リトラクタブル・ヘッドライトとリアの造形からも見て取れるだろう。しかし、大径ホイールやハンドルレスのドアなどは現代的だ。さらに、F1をイメージしたストライプ入りのピレリPゼロタイヤを装着している。

コーチビルトのボディの下に搭載されるエンジンはウラカンと同じ5.2ℓV10だ。最高出力はスタンダードなウラカンから40ps向上して650psとなっている。ただし、トルクはウラカンと共通だ。パフォーマンスの数値については公表されていない。

今後もラインナップを拡大

アレス・デザインはパンサーを最近開設したモデナの工場で10月から生産する。生産工程の複雑さや需要の大きさゆえ、生産台数は厳しく制限されている。

モデナ工場では、メルセデス・ベンツGクラスやベントレー・ミュルザンヌをベースとするモデルなど、アレスの複数車種が生産される。同社は最近JEモーターワークスと共同で53台のビスポークのランドローバー・ディフェンダーを生産した。

「モデナの新工場は多くのクルマ好きの需要に応える能力があります。プロジェクト・パンサーはここで生産される最初のモデルとなります。1月の公式オープンに合わせて、もうひとつのサプライズを用意しています」とバハールはいう。

現在パンサーはアレスのラインナップ中で最上位となっているが、12カ月中にさらに上位のモデルが登場するという。バハールは世界のカスタムカーメーカーのリーダーに立ちたいと考えており、今後も生産を拡大する意向を示している。バハールは、今後数年の内に「複数のモデルを登場させます」と野心を燃やしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します