現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツC200 2018年型に試乗 1.5ℓ×48VのMHVかディーゼルか

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.8

メルセデス・ベンツC200 2018年型に試乗 1.5ℓ×48VのMHVかディーゼルか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー パフォーマンスは2.0ℓ並み
どんな感じ?
ー 自然でなめらかなパワーユニット
ー 質感は高いが、気になる部分も
「買い」か?
ー 将来性は確かでも決定力に欠ける
スペック
ー メルセデス・ベンツC200 AMGライン 4マティックのスペック

    ロードテスト ポルシェ911GT2 RS ★★★★★★★★☆☆

どんなクルマ?

パフォーマンスは2.0ℓ並み

このC200 AMGラインは、近年マイナーチェンジを受けたメルセデス製サルーンの中でも、最も関心の高いモデルだと思う。トップセールスを獲得することはないにしろ。

EQブーストと呼ばれる、マイルドハイブリッド・エンジンを搭載した初めての4代目Cクラスが、このC200。1.5ℓの4気筒ターボに、電圧48Vのハイブリッドシステム(ベルトドライブ・スターター・ジェネレーター)が組み合されている。ちなみに従来モデルの排気量は2.0ℓだった。

燃費を稼ぐ目的で、これまでベルト駆動されてきたポンプ類やエアコン・コンプレッサー、ジェネレーターは電動のものに置き換えられた。よって、エコモードでのコースティング時には、これらの補機類とエンジンを切り離した制御が可能となっている。

また、電動化は補機類の駆動に伴うエネルギーロスを減らすだけでなく、パフォーマンスの面でもメリットを生んでいる。スターター・ジェネレーターがアシストモーターの役目も果たし、ターボのブースト圧が高まるまで、一時的に21psと25.3kg-mを上乗せすることができるという。

メルセデスによれば、燃費の悪化を防ぎつつ、2.0ℓエンジン並みのパフォーマンスを発揮するとしている。今年のはじめにドイツでC200を試乗しているが、英国の道で試すのは今回が初めて。しかも、AMGラインということで、エントリーモデルのSEと比較して15mm車高が下がるスポーツサスペンションを装備している。

英国の路面でどんな走りを披露してくれるのか、気になるところだ。

どんな感じ?

自然でなめらかなパワーユニット

電動システムのおかげで、走りは期待通りにスムーズ。エンジンのアイドリングストップも、ピアニストの指さばきのように、滑らかに処理される。信号の切り替わりと同時にエンジンは即座に始動し、その際の振動や始動音を感知するのは難しいほど。

エコモードでは、エンジンの停止・始動は走行スピードに応じて自動的に行われる。ただし、エンジンが停止するのは、スロットルペダルから力を緩めてから、だいぶ時間を置いてから。もっと積極的に停止すれば、燃費を稼ぐのにも効果的に思えるが、理由があるのだろう。

車内で聞こえる走行中のエンジン音は、決して静かというわけではなく、プレミアムサルーンに期待する静寂性よりは少し大きく感じられる。速いペースに持ち込んでいっても、C200は充分期待に応えてくれるが、反面エンジンノイズに大きな変化は感じられない。ゆっくりとリラックスした走行スピードでも、鈍い音は聞こえてくる。アクセルを離してしまえば、エンジンは停止するけれど。

C200のモデルラインではマニュアルギアは選択できず、決して瞬時とはいえないものの、充分な変速スピードを持つ9速ATが組み合される。EQブースト・システムは、ターボブーストが高まるに連れてトルクが太くなるわけだが、ターボ過給の山のようなものはあえて詮索しない限りは気づかないレベル。ほとんどのドライブモードでも、自然な振る舞いを見せる。

質感は高いが、気になる部分も

車内の雰囲気はプレミアムに相応しく、装備もBMW3シリーズより遥かに優位。しかし、アウディA4と比較すると、素材の質感では劣っていることも確か。ステアリングホイールを飾る数多くのボタン類も、視覚的にうるさく思える。

デュアルスクリーンを搭載したMBUXと呼ばれる新しいインフォテインメントシステムは、今やSクラスやEクラスだけでなく、ハッチバックのAクラスにも搭載されているのだが、Cクラスには搭載されておらず、やや時代遅れに見える。

その代りなのか、インスツルメントパネルに収まる計器類はデジタルモニターに置き換えられている。しかし、タッチパッドとロータリーダイヤルの操作感は、優れているとはいいにくい。

今回のテスト車両には4輪駆動システムの4マティックが搭載されていたが、後輪駆動の標準仕様から1600ポンド(23万円)高のオプション。ステアリングホイールに伝わる感覚は少なく、操作感は軽いものの、正確ではある。

スポーツサスペンションは標準仕様と比較すれば硬い乗り心地ではあるが、表面が剥がれてしまったような荒れた路面でも、上質にいなしてくれる。ただし、高速道路を利用した長距離ドライブなら、オプションのエアサスペンションの方がベストチョイスといえるだろう。

「買い」か?

将来性は確かでも決定力に欠ける

今のところ、C200が最も前衛的なCクラスといえるが、顧客の多くはまだディーゼル仕様のC220dを選択するだろう。英国のような環境では、ディーゼルエンジンの経済性にまでは及んでいないのだ。しかし、環境負荷の軽減に対する要求が高まる中で、マイルドハイブリッド・システムの将来性は揺るぎない。

C200は、比較的高い走行ペースも許容する、長距離クルーザー的なクルマではあるが、AUTOCARの読者のようなクルマ好きにとっては、やや物足りなく感じてしまうはず。よりエキサイティングなドライビングを求めるなら、よりパワフルなC300ということになるだろう。

マイナーチェンジが間もなく控えたアウディA4や、年末に新しく生まれ変わる予定のBMW 3シリーズとのパワーバランスがどのようになるのか、しばらくは目が離せない。

メルセデス・ベンツC200 AMGライン 4マティックのスペック

■価格 3万9416ポンド(567万円)
■全長×全幅×全高 4686×1810×1442mm
■最高速度 233km/h
■0-100km/h加速 8.1秒
■燃費 18.8km/ℓ
■CO2排出量 148g/km
■乾燥重量 1595kg
■パワートレイン 直列4気筒1497ccターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 186ps/3800rpm
■最大トルク 28.5kg-m/3000-4000rpm
■ギアボックス 9速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN トム・モーガン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します