現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ジャガー・ランドローバー 99車種投入で全モデル刷新へ 2024年まで

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.7

ジャガー・ランドローバー 99車種投入で全モデル刷新へ 2024年まで

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2024年までに99車種投入 MLAに移行
ー NOx低減 コネクティビティも向上
ー イヴォーク2、より快適に
ー スチール製PTAプラットフォーム使用
ー MLA初採用はディフェンダーに
ー 新型レンジやや遅れ 小型SUVには専用プラットフォームか

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

2024年までに99車種投入 MLAに移行

ジャガー・ランドローバー(JLR)は2023年までに4つの名称を新たに、または復活させるとともに、2024年までに99の新モデル投入で現行車をすべて置き換える計画だ。

前述の4車種にはIペースだけでなく、まもなく発表が予定されている新型ディフェンダーが含まれる。さらにジャガーJペース、そしてレンジローバーのEV「オールロード」だ。

新世代JLRの先駆けとなるのは、来年発売予定のレンジローバー・イヴォークだ。このモデルは先進のプラグインハイブリッドが設定され、CO2排出量はわずか45g/kmとなる。

新型イヴォークは現行のスチール製プラットフォームを改良したものを使用している。しかし、JLR車は今後すべて新しいアルミニウム製のMLAプラットフォームへと移行する予定だ。

この新しい後輪駆動またはAWD向けのアーキテクチャは、ガソリン、ディーゼル、マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、そしてピュアEVに対応する。

NOx低減 コネクティビティも向上

JLRはディーゼルの汚染問題の解消にも努めており、新世代型インジニウムエンジンではNOx排出の98%を無害なガスへと変換する機能を持つ。これは新規制が求めるレベルをはるかに上回っている。すべての新モデルには、3気筒や直6を含む3種類のインジニウムエンジンが搭載される。

今後のガソリンまたはディーゼルエンジンには、電動ターボチャージャーが標準で採用されることになる。これはJLRのエンジンラインナップをダウンサイズすることが狙いだ。V8エンジンは廃止され、高性能な直列6気筒のインジウムエンジンが搭載される。

JLRはコネクティビティにも力を注いでいる。将来的に、すべての車両が24時間体制でインターネットに接続され、ソフトウェアのアップデートが自動で行われるようになる。そして車両の状態がJLRによって監視され、整備が必要な場合オーナーに通知することが可能になるという。

このような新機能を搭載したよりクリーンで高性能なJLR車は、2世代目イヴォークが最初となる。このクルマは11月のロサンゼルス・モーターショーで発表された後、2019年初頭にショールームに並ぶ予定だ。

イヴォーク2、より快適に

JLRの公式文書によれば、イヴォーク2のプラットフォームは現行のものに大掛かりな改良が加えられているようだ。同社はイヴォーク2が新しいボディ構造により「より高い快適性」を実現しているという。空気抵抗や風切り音が10%低減されていることもその理由だ。

荷室の容量も10%拡大している。プラグインハイブリッド仕様でも、バッテリー類はリアアクスル前方のフロアパン下に搭載されているため、荷室への影響はない。

また、ランドローバー車として初めて「シースルー」技術が使用されているようだ。これはエンジン下部のカメラからの映像をヘッドアップディスプレイに投影するものだ。これによりノーズ下の障害物を確認することができる。

インジニウムエンジンの電動化により、イヴォーク全体のCO2排出量はおよそ13%低減されるという。これらのエンジンは、エンジンマウントの変更やシフトプログラムの改善とも組み合わさり、スロットルレスポンスが40%向上しているという。

スチール製PTAプラットフォーム使用

イヴォーク・エコ・チャンピオンと呼ばれるモデルはプラグインハイブリッドとなり、3気筒のインジニウムディーゼルに300Vハイブリッドシステムが組み合わされる。JLRによれば、これは中国がEV技術で世界をリードするため新たに設定した「新エネルギー車」の基準を上回るものだ。

新しいイヴォークのプラットフォームとトランスミッションは、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツやジャガーEペースにも使用される見込みだ。AUTOCARでは、ディスカバリー・スポーツはPTAプラットフォームを使用する2番目のモデルとなると考えている。

ただし、現在のJLRの計画は、将来的にすべてのモデルをMLAプラットフォームに置き換えるというものだ。これは3気筒ターボからEVまであらゆる構成に対応する。MLAのプラグインハイブリッドはモーターが後輪を駆動する4WDシステムが採用されるだろう。

MLAはJLRが現在使用するアルミ製アーキテクチャよりもさらに軽量となり、プラグインハイブリッド化する上では有利になる。このプラットフォームはドイツ勢に対してのリードを築くべく開発され、スロバキアとソリフルで2020年から生産される予定だ。

MLA初採用はディフェンダーに

例えば、現在開発中のポルシェ・タイカンは専用プラットフォームを使用している。これはフォルクスワーゲン・グループがマルチフューエル・プラットフォームを持っていないことが理由だ。JLRもIペース向けに専用のEVアーキテクチャを開発したが、今後はすべてMLAで対応可能となる。

MLAを採用する最初のモデルは、お待ちかねの新型ディフェンダーとなる。新プラットフォーム採用のため、現行型のモデルサイクルが延長されている。

新型ディフェンダーはJLRが新たに開設したスロバキア工場で、2020年からディスカバリー5とともに生産が開始される。このクルマは現行のアルミニウム製プラットフォームを使用して今年生産が開始される。

ディスカバリーの生産拠点が2020年に移動した後、ソリフルでの空いたスペースで新型ジャガーJペースが生産されるだろう。これはMLAプラットフォームを使用したスーパーラグジュアリーSUVだ。さらに、新型XJもMLAの電動バージョンを使用すると考えられている。

新型レンジやや遅れ 小型SUVには専用プラットフォームか

新型レンジローバーは当初の2019年の予想よりも遅れ、2021年の登場となりそうだ。AUTOCARの予想では、レンジローバーには48Vマイルドハイブリッドのガソリンおよびディーゼルエンジンが設定されるだろう。完全なEV仕様は2022年ごろに登場する見込みだ。EVはアジアのメガシティ向けとなると考えられている。

新しいEVのレンジローバー「オールロード」は、2022年以降の登場となりそうだ。ただし、このモデルの登場は確実なものとはなっていない。世界経済の動向や売れ行き次第では中止となる可能性もある。

公式書類によれば、新型イヴォーク、ディスカバリー・スポーツ、Eペースは2025年以降にアルミ製プラットフォームに移行するという。しかし、AUTOCARの認識ではこれらの決定も変更される可能性がある。MLAに移行する場合、エンジンを縦置きする必要があることから、サイズが拡大してしまうのだ。

JLRの幹部はこれらのモデルをできる限りコンパクトにしたいと考えている。したがって、26万から30万台の売り上げを見込めるこれら3モデル向けのプラットフォームを開発する可能性も残されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • suc*****|2018/08/07 17:08

    違反報告

    99車種ってスバルマツダスズキの合計より多いんですが、あり得るのでしょうか?
  • kit*****|2018/08/07 23:05

    違反報告

    現行イヴォーク乗ってますけど…
    急拡大はやめてほしい。

    世の常で急拡大は急縮小に直結します。
    元々、急拡大とは疎遠なメーカーだから身の丈に合った、ブランドイメージ通りの石橋を叩いて渡るような拡大戦法が一番良いと思います。

    BMWからの乗り換えでイヴォーク乗ってますが、まだまだ急拡大するには下地が甘すぎます。
  • sav*****|2018/08/08 05:40

    違反報告

    SUVはボンネット高くしてエンジンとの隙間を作り、対歩行者安全性を向上させたり、ボディにハイブリッドやEVのバッテリーを収めやすくしたりは分かるが、もうお腹一杯ですね。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します