現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ ハイエース&レジアスエースに特別仕様車が登場。ハイエースには50周年記念モデルも

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.7

トヨタ ハイエース&レジアスエースに特別仕様車が登場。ハイエースには50周年記念モデルも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は8月6日、ハイエースとレジアスエースに特別仕様車「スーパーGL“ダークプライムII”(写真1~3、11~14枚目)」を設定し、発売した。またハイエースにはさらに、誕生50周年を記念した期間限定の特別仕様車「スーパーGL“50thアニバーサリーリミテッド”(写真4~10枚目)」も設定され、同時に2台の特別仕様車が登場する。

スーパーGL“ダークプライムII”は、最上級グレードのスーパーGLをベースに、ダークメッキを施したフロントグリルとバックドアガーニッシュを特別装備し、精悍な印象を強めている。

    【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.2「奥様は運転好き」

内装には、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用して質感の向上を図ったほか、スライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションを特別装備。加えてSRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)も標準装備となる。

ボディカラーは、特別設定色のスパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全5色が設定される。

価格は、313万9560円から403万2720円。

一方のスーパーGL“50thアニバーサリーリミテッド”は、漆黒メッキを施したフロントロアグリルをはじめ、フロントフォグランプベゼルやフルホイールキャップには高輝度塗装を施すことで上質な雰囲気をプラス。バックドアには50周年記念エンブレムが装備される。

内装は、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用したほか、シート表皮に上質なダークブラウン色のトリコット+合成皮革&ダブルステッチを採用。また随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施し、高級感を高めた。

さらに50周年記念エンブレム付のスマートキーや車名ロゴ&イルミネーション付のスカッフプレート、デュアルパワースライドドア、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)など充実した装備を誇る。

ボディカラーは、特別設定色グラファイトメタリックを含む全6色が設定される。

価格は、324万円から413万3160円。受注期間は2019年7月31日まで。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します