現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産・リーフNISMOの走りを支えるコンチネンタルタイヤの「ContiSportContact5」

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.7

日産・リーフNISMOの走りを支えるコンチネンタルタイヤの「ContiSportContact5」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産・リーフ NISMOの走りを支えるタイヤとして、コンチネンタルのプレミアムスポーティタイヤ「ContiSport Contact5(コンチスポーツコンタクトファイブ)」が選定されています。

タイヤサイズは225/45R18 95Y XL。コンチネンタルタイヤは、日産リーフ NISMOが目指す「ドライバーの意のままの走り」に貢献するとしています。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 

「ContiSportContact5」は、コーナリング時の安定性、卓越したグリップ性能とハンドリング性能を併せ持つスポーツタイヤでありながら、日産では電動化車両の日産リーフに欠かせない転がり抵抗も高く評価。

そのパフォーマンスは、ドイツ自動車雑誌『Autozeitung』やイギリス自動車雑誌『Auto Express』など、欧州の自動車雑誌で高い評価を得ているそうです。

(塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/08/07 08:04

    違反報告

    バッテリーに冷却装置を持っていないリーフは今年の夏、走れない(距離)、充電できないの2重苦で大変な状況になっている。
    所有していたら、冷却装置を設計、製作、改造して取り付けて遊ぶんだけどね。
    クルマは自分の工夫で性能アップさせるのが趣味のひとつ。

    昔、ラジエーター容量アップ、オイルクーラー追加、ATFクーラー追加なんかをした人も結構いるでしょ。
  • n94*****|2018/08/08 06:51

    違反報告

    i-MiEVには冷却システム付いていますよ。
    今回のリーフは残念に終わりました。
  • qqt*****|2018/08/08 07:31

    違反報告

    貢献する”としています”とか、高い評価を得ている”そうです”とか一体何を訴求したいの?
    試乗した時のタイヤのレビューでもなく、ただ「らしい」っていう話だけで中身がないな

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します