現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新車】トヨタ・ハイエースの誕生50周年記念モデルは、漆黒のフロントロアメッキグリルで目立ち度満点

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.6

【新車】トヨタ・ハイエースの誕生50周年記念モデルは、漆黒のフロントロアメッキグリルで目立ち度満点

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイエース、レジアスエースに設定された特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME||”」と同時に、ハイエースの誕生50周年を記念し発売した特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED」が設定されました。

こちらもベースは最上級グレードの「スーパーGL」で、エクステリアは漆黒メッキが施されたフロントロアグリルをはじめ、フロントフォグランプベゼルやフルホイールキャップに高輝度のペイントがされるなど、より上質で落ち着いた外観になっています。さらに、バックドアには50周年記念エンブレムが配されています。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ルーフやピラー、セパレーターバーにブラック色が採用される内装は、シート表皮にダークブラウン色の「トリコット+合成皮革&ダブルステッチ」を用意。また、インパネの随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾が施されるなど、高い質感が追求されています。

ほかにも、50周年記念エンブレム付のスマートキーやスライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションを特別装備。デュアルパワースライドドアやSRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)が標準装備され、プレミアムな限定車に仕立てられています。ボディカラーには、特別設定色の「グラファイトメタリック」を含む全6色を設定。

「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED」のボディタイプはロングで、ボディ幅は標準とワイド、ルーフは標準とミドルルーフを設定。エンジンは、2.0Lガソリン、2.7Lガソリン、2.8Lディーゼルを用意。価格帯は3,240,000円~4,133,160円です。

(塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します