現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 今度はこんなにグラマラス! メルセデス・ベンツ「GLEクーペ」次期型はEQブーストも搭載

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.6

今度はこんなにグラマラス! メルセデス・ベンツ「GLEクーペ」次期型はEQブーストも搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツのスタイリッシュ・クロスオーバーSUV「GLE クーペ」次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

メルセデスの本拠地シュトゥットガルト市街地で捉えた開発車両は、厳重にカモフラージュが施されていますが、市販型パーツが装着されており、新グラフィックを持つヘッドライトの一部、ボディ側面に釣り上がるテールライト、現行モデルより大型のダックテール・スポイラー、ツインエキゾーストパイプを装備しています。ただしディフューザーはフェイクです。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

最も注目すべきは、現行モデルより若干寝かされたフロントウィンドウ、より滑らかにトランクリッドへ続くルーフライン。Dピラーとリアフェンダー周辺は筋肉質になり、かなりスポーティでグラマラスなボディシルエットへ進化しているのが見て取れます。

パワートレインは、最高出力286ps、最大トルク600Nmを発揮する3リットル直列6気筒ディーゼル、最高出力340ps、最大トルク700Nmのディーゼル、最高出力367psの3リットル直列6気筒ガソリンエンジンなどのラインアップが予想されます。最大の注目は「CLS450」から流用される、新開発の3リットル直列6気筒エンジン+ISG(インテグレーテッド・スターター・モーター)で、最高出力370psに22psの「EQ Boost」機能がアシストします。

また 高性能モデル「AMG GLE63」には、最高出力571psを発揮する4リットルV型8気筒エンジンを搭載。ハイエンドモデル『AMG GLE63 S』は最高出力612psまで高められると予想されています。

メルセデスは、先日「GLE」新型のティザースケッチを公開していますが、ドライバー正面のメーター部分と、ダッシュボード中央のモニターを一体デザインとした12.3インチディスプレイのデジタルコクピットが採用する他、4つのエアコン吹き出し口を装備します。

「GLE」新型は2018年内、あるいは2019年初頭に初公開が予想されており、「GLEクーペ」は2019年内となりそうです。

(APOLLO)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar APOLLO)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します