現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メリットが多すぎる! スペック値から考察する、新型セロー250への期待/ヤマハ

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.5

メリットが多すぎる! スペック値から考察する、新型セロー250への期待/ヤマハ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境性能を高めただけじゃなく、エンジンのパワーアップに低燃費化と、ツーリングファンにはうれしい進化を果たして登場した新型セロー250。旅バイクとしてさらに魅力ある存在になった。REPORT●栗栖国安(KURISU Kuniyasu)PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

ヤマハ・セロー250……564,840円

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

■新型セローの主な変更点■
・第三次排出ガス規制対応
・最高出力:18PS→20PS
・最大トルク1.9kgm→2.1kgm
・燃料タンク容量:9.6 ℓ→9.3 ℓ
・60km/h定地燃費値:40.0km/ℓ→48.4km/ ℓ
・車両重量:130kg→133kg
・テールランプのデザイン変更

 3世代も前のセロー225WEユーザーである僕から見て、250は立派なツーリングバイクだとの認識がある。マウンテントレール、いわゆるトレッキングバイクとしてのコンセプトは継承しながらも、高速走行をはじめ、ロングツーリングでの快適性が250には備わっていたからだ。
 重量が増えたことで、最早トレッキングバイクじゃない!との声も以前からの225ファンの一部からは出ていたけれど、250へとすっかり代替わりした現在は、いうなれば、トレッキングツアラーとしての地位を確立している。



最高出力、最大トルク共に向上

 じゃあ、新型セロー250のトレッキング性能はどうかというと、僕にはわからない。だいたい225のユーザーのくせに、道なき道を走ったことがない。年に数回、林道を走る程度で、街中の移動や郊外へのツーリングが主な用途だ。そんなにわかセロー乗りのような僕から新型に期待するのは、ツーリング性がどれだけ向上しているのかという点。

 環境対応を図ったために車重は従来より3kg増加したが、一般的なツーリングユースの観点からすればたいした問題じゃない。それよりも僕が注目したのは、一段と低中速重視となったエンジンだ。最高出力、最大トルクとも高められたことももちろんありがたいが、日常的に使う低中回転域で力強さを増してくれたことは、扱いやすさに直結する。実際に走ったわけじゃないのでたしかなことはいえないが、おそらく加速性能もよくなっているはずである。高速道路で本線に進入する、急な上り坂を加速しながら走るといった、ツーリングでよく出くわす状況で頼もしさを増したのではないかと想像する。


燃料タンク容量は減少したが……

 さらにもうひとつ、あくまでもデータ上でのことだが、燃費が従来の40km/ℓから48.4km/ℓへと大幅に良くなっていることだ。燃料タンク容量は0.3ℓ少なくなったのだが、これだけ低燃費化が実現しているならまったく問題ない。いや、むしろ航続距離は長くなっているのだからうれしいじゃないか。

 こうしたことからも新型セロー250は従来よりツーリング性が高められているのは確実。野山を分け入っていくトレッキングよりも、高速道路を走り田舎道や峠道をたどるツーリングをすることが大半というセローの使い方からすれば、新型はよりユーザーフレンドリーなモデルになったと考えられる。
 ん~、新型セロー250で早くツーリングに行きたい!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nag*****|2018/08/06 01:30

    違反報告

    高速もギリギリ走れて、藪漕きもなんとかなる、丁度良いバイク。
  • shi*****|2018/08/05 23:01

    違反報告

    トレールに行かないユーザーがセローを
    ツーリングバイクとして勧めるのは
    いかがなものかと思う
    舗装路を長時間走って快適であるとは
    とても言えない種類のバイクだ

    単気筒、ブロックタイヤの振動で長距離を走ると
    感覚が無くなるほど手が痺れる
    ガサツでフィーリングの悪いエンジンは
    舗装路を走っていて楽しい類いではない
    高回転が苦手なので高速は完璧な苦行だ
    そしてケツへの攻撃力が高いシート
    最後に燃料計が無い

    素晴らしい点は立派にトレールを走れるのに
    足つきが非常によいこと
    エンジンにトルクがあること
    フレームのバランスが素晴らしいこと
    どれもトレールを走る時の美点

    新型は美点の一つである低価格ではなくなった
    その値段出すなら他にツーリング向きバイクは腐るほどある
    セローは舗装路の移動も何とかできる初心者向けトレールバイク
    舗装路メインのツーリングバイクとして
    勧めるべきではないと思う
  • ybw*****|2018/08/06 14:28

    違反報告

    東北の大震災のような時 一番役に立つのはセローのような
    軽くて取り回しが良く 悪路走破性の高いトレッキングバイク

    できれば 10L程度のガソリン携行缶を買っておき、ガソリンを備蓄
    いつ災害が起きてもいいように備えておくとベスト 

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します