現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストン最新情報 新ラゴンダは2021年登場 V12はハイブリッド化へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.5

アストン最新情報 新ラゴンダは2021年登場 V12はハイブリッド化へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ラゴンダは2021年発売 DBXは来年か
ー DBX エンジンはAMG供給
ー 「12気筒には12気筒の限界」

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ラゴンダは2021年発売 DBXは来年か

アストン マーティンのもとで復活したウルトララグジュアリー・ブランド、ラゴンダ。ビジョン・コンセプトをもとにした同ブランド初となる市販EVが、2021年に登場する。ライバルはロールス・ロイス・ファントムだ。

もともと、SUVモデルのアストンDBXは一足早くゼロ・エミッションのパワートレインを搭載し、来年にも発表されると予想されていた。というのも、コンセプトモデルはEVで、しかもラゴンダよりも早く発売されるからだ。しかし、アンディ・パーマーCEOによれば、同社の電動化を先導するのはラゴンダであり、電動バージョンのDBXではないという。

この決定は、ラゴンダをロールス・ロイスやベントレーに代わる未来志向のプレミアムブランドにしようという、アストン マーティンの計画を反映している。

ラゴンダは最新技術をフル活用して、ゼロエミッションで静寂性が高く、キャビンスペースも広く取れるEVの効率性を生かした、はじめてのラグジュアリーブランドを目指している。ラゴンダの発売に先駆けて、アストンは来年、ラピードEという電動モデルを155台限定で発売する。



DBX エンジンはAMG供給

電動化とDBXについて、パーマーは次のように語る。「われわれにはそのキャパシティはありますが、現在進めている計画はガソリンエンジンとハイブリッドです。新しいプラットフォームはピュアEVにも対応していますが、これを活用するのはラゴンダからです」

ラゴンダは、セダンモデルに続き、SUVモデルも発表すると考えられる。ラゴンダの各モデルやDBXは、ウェールズのセントアサン工場で生産される予定だ。

パーマーは、DBXに搭載されるコンベンショナルなエンジンは、技術面で提携しているダイムラーから供給されることも明かした。つまり、DB11やヴァンテージにも搭載されているAMGのV8ツインターボや、さらにパワフルなハイブリッドが搭載されるということだろう。

ハイブリッドに関しては「73 AMGスペック・システム」が採用される見込みで、これはV8エンジンの出力に、電動モーターが200psほどを上乗せする。DBXにアストン マーティン製V12が搭載されるかは不明だが、少なくともV8ハイブリッドはこれと同等の出力を実現している。



「12気筒には12気筒の限界」

パーマーはそのほかにも、排ガス規制が厳しさを増すなか、同社のV12を延命するため、DB11やDBSスーパーレッジェーラに搭載されるV12には電動アシストが装備されると語った。「ハイブリッド化すれば、CAFE規制(米国の燃費基準)に対応できることがわかったのです」とパーマーはいう。

「これはV12の継続を優先した結果です。このエンジンはアストン マーティンの心臓であり、いずれはピュアEVが取って代わると考えています。しかししばらくは、ハイブリッド化が進められるでしょう」

ランボルギーニは次期アヴェンタドールでマイルドハイブリッドを採用し、アストン マーティンと同じような戦略を取るはずだ。一方で、マクラーレンのように、ダウンサイジングしたエンジンに過激なハイブリッドシステムを組み合わせるブランドもあるのは興味深い。

「純粋主義者は、『ハイブリッドはダメだ。自然吸気でなくては』というかもしれません 」パーマーはいう。「しかし、12気筒には12気筒の限界があるのです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します