現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 公道に放たれた野獣!?マクラーレン「ロングテール」第4章、McLaren 600LTが日本初上陸

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.3

公道に放たれた野獣!?マクラーレン「ロングテール」第4章、McLaren 600LTが日本初上陸

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月12日~7月15日にイギリスで開催されたモータースポーツイベント、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で世界初公開された「McLaren 600LT」。

日本にやってくるということで、その姿を一目拝もうと「McLaren 600LT アジアプレミア」へ行ってきました。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

発表会が始まると、ステージの奥から恐竜のような唸り声と共に600LTが登場! 「ロングテール」を象徴する、シュっとした長いボディがめちゃくちゃかっこいい~!!

「昨年行われたMcLaren 720s発表会以来の来日なので、また日本に戻ってくることができて嬉しいです」と笑顔で話すのはマクラーレン・オートモーティブグローバル・ヘッド・オブ・プロダクトのアレックス・ロング氏。

600LT、そして車名に設定されたLT(ロングテール)の歴史について解説しました。

マクラーレン「ロングテール」の始まりは1997年にデビューした、独特の長いボディのシルエットが印象的なMcLaren F1 GTR。

同年のFIA GT選手権では11ラウンドのうち5つのラウンドで勝利を収めたほか、ル・マン24時間レースのGT1クラスでは3位以下のマシンに30周近くの差をつけて1、2フィニッシュを成し遂げ、その時代で最も有名なGTレースカーの1つとなりました。

それから時は流れ、2015年のジュネーブ・モーターショーでMcLaren 675LT Coupeを披露。「ロングテール」という伝説の名を復活させました。

「ロングテール」の名を冠されたオリジナルモデルの精神と、LTのエンブレムを付けたマシンに固有の特性に忠実である675LT Coupeは導入当時、マクラーレンのこれまでの量産車両のうち、最も純粋で、最も人気のスーパーカーだったのだそうです。

生産予定の675LT Coupeが瞬く間に売り切れ、登場したのがMcLaren 675LT Spider。こちらも大人気で生産予定の500台が2週間も経たないうちに完売したというから、びっくり!

そして過去20年を超える歴史の中で4番目に当たる「ロングテール」、McLaren 600LTが誕生したのです。

McLaren 600LTは英国サリー州ウォーキングにあるマクラーレンF1チームの本拠地、MTC(マクラーレン・テクノロジー・センター)の側に建設されたマクラーレン・プロダクション・センターにおいて手作業で製作され、12カ月という歳月をかけて作られる、希少価値のあるスポーツカー。

運転するために生まれてきた、歴史ある「ロングテール」のDNAを忠実に受け継いでおり、最も軽く、最もパワフルで、最も速い、公道走行可能なスポーツシリーズになっているそうです。

新しいフロント・スプリッターや拡張されたリア・ディフューザー、固定式のリア・ウィング、スリムなシルエットといった「ロングテール」の物理的特徴を全て備えている600LTの最も強いこだわりは、「更に高められた性能とマシンとの一体感」。

これを実現するため、エアロダイナミクスの最適化や軽量化、パワーの増大、サーキット指向のダイナミクスをフルに享受する事でマシンとの本質的かつピュアな一体感を得たと言います。



第2世代のマクラーレン・スーパーシリーズで採用された、鍛造アルミニウムのダブルウィシュボーン式サスペンションと軽量のブレーキ・システムを搭載する他、昨年発表された600LTと同じマクラーレンのスポーツシリーズ「McLaren 570s Coupe」からおよそ4分の1の部品を変更し、車両重量を96kg削減。

ちなみに、軽量化のためガラスの板厚まで薄くしているそうです!

そしてサーキット指向のダイナミクスとドライバーとマシンとの一体感への向上にこだわってマクラーレンのテクニカル・パートナーであるピレリと共同開発された、ピスポーク(オーダーメイドタイヤ)による特別仕様の「Pirelli Zero Trofeo R」を装着することでダウンフォースが増大。

サーキットでのコーナリング・スピードは 675LT以上を達成し、運転スリルを高めてくれるとのことです。

一番印象的だったのが、トップエグジットタイプの排気口を備えたユニークなエキゾースト・システム。一目で特別なマシンと分かるうえに、公式プロモーションムービーではマフラーエンドから炎を吹き上げるシーンが映し出され、その姿はまるでジェット機のよう!

このエキゾースト・システムは、エンジンがより効率よく吸気でき車両重量が大幅に削減されているだけではなく、ドライバーに驚異的なサウンドまでも提供してくれます。

搭載するV型8気筒 3.8リッターツインターボエンジンの最高出力は、7500回転で600馬力。0-100km/h加速はわずか2.9秒で675LTに匹敵する加速力になっており、0-200km/h加速は8.2秒。

最高速度328km/hという驚異的な走りを実現する600LTを、「むき出しで容赦がなく、公道に放たれた野獣のような存在。ドライバーと最強の一体感を提供します。意気地のない人には、操れないかもしれませんね」とロング氏は自信をみせました。

またマクラーレン・オートモーティブアジア日本代表 正本嘉宏氏より会社設立から15周年を迎える2025年までのビジネスプラン、「2025年までに、18の新モデルを導入」「2025年までに、マクラーレンのスポーツカーおよびスーパーカーシリーズを全てハイブリッド化」と言った「Track25」が発表されました。

購入するには遠い存在ですが、でもやっぱりスーパーカーって夢がありますよね。これからマクラーレンからどのようなスーパーカー達が誕生するのか、期待せずにはいられなくなった発表会でした。

(写真:clicccar編集長・小林和久、マクラーレン、文:yuri)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar yuri)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します