現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ ロードスター に2019年型、184psへ強化 9月に欧州発売へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.2

マツダ ロードスター に2019年型、184psへ強化 9月に欧州発売へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは7月31日、『MX-5』(日本名:『ロードスター』)の2019年モデルを、9月に発売すると発表した。

現行ロードスターの欧州向けのエンジンは、デビュー当初から1.5リットルと2.0リットルの両方が用意されてきた。2019年モデルでは、両エンジンともに改良を受けている。

    マイチェンロードスターRF試乗 184psへパワーアップしたフィーリングは?

2.0リットル直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G」エンジンは、吸気系からシリンダーヘッド、ピストンやコンロッドなどの回転系部品、排気系、サイレンサーに至るまで、多くの新技術を採用。高回転域での吸入空気量アップ、回転系部品の軽量化、吸排気損失の低減、燃焼期間の短縮などを図る。

その結果、最大出力は160psから184psへ、24ps向上。最大トルクも20.4kgmから20.9kgmへ、0.5kgm引き上げられた。

1.5リットル直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G 1.5」エンジンには、ドライバーの意図に応じたエンジンフィールそのままに、SKYACTIV-G 2.0向けの燃焼改善技術を導入。全回転域のトルクを従来以上に高めながら、環境性能と燃費性能を向上させた、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します