現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ ロードスターRF、最新「i-ACTIVSENSE」設定…米2019年型

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.1

マツダ ロードスターRF、最新「i-ACTIVSENSE」設定…米2019年型

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダの米国部門、北米マツダは7月30日、『MX-5ミアータRF』(日本名:『ロードスターRF』)の2019年モデルを発表し、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

MX-5ミアータRFの2019年モデルには、最新の「i-ACTIVSENSE」を設定。i-ACTIVSENSEは、ドライバーへの認知支援や衝突回避サポート、被害軽減を図るマツダの先進安全技術の総称。

    マイチェンロードスターRF試乗 184psへパワーアップしたフィーリングは?

「車線逸脱警報システム」(LDWS)は、約45km/h以上での走行時、フロントガラスに設置したカメラで車線を認識。車両がその線を踏み越える可能性があると判断すると、警報音でドライバーに注意を促す。

「ブラインド・スポット・モニタリング」(BSM)は、約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラー鏡面のインジケーターが点灯しドライバーに通知。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、ドライバーに車線変更を中断するよう求める。

「リア・クロス・トラフィック・アラート」(RCTA)は、後退時に機能。駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告し、安全確認をサポートする。

「交通標識認識システム」(TSR)は、走行中にカメラで速度制限、進入禁止などの交通標識を読み取り、その情報をメーター内のマルチインフォメーションディスプレイに表示。制限速度の超過などをドライバーに警告、安全運転を支援する。

この他、2019年モデルには、アダプティブフロントライトシステム、ハイビームコントロール、スマートシティブレーキサポートが用意されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2018/08/01 13:48

    違反報告

    走り好きの、ロードスター乗りに制限速度の警告いるかな?
    50キロ制限のとき10キロオーバーくらいじゃないと、国道やら高速でむしろ煽られるとか他の危険もあると思うが。
  • kit*****|2018/08/02 17:37

    違反報告

    批判覚悟で言うが、どうせならロードスターにもACCが欲しい。
    ユーザーにはじいさん、じいさんに成りかけも多いから、楽に乗りたい時もあるんです。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します