現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 悪路を制するのは、スズキ新型ジムニー? 陸の王者トヨタ・ランドクルーザー?

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.31

悪路を制するのは、スズキ新型ジムニー? 陸の王者トヨタ・ランドクルーザー?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレーム構造を持つ本格4WDの本領は悪路走破性にある。新型ジムニーが世界で認められている理由もそこにある。道なき道を行く、となれば世界に冠たる「陸の王者」トヨタ・ランドクルーザーもいる。さて、ちょっと比較してみよう。

 ジムニーとランドクルーザー。購入する際に迷う人がいるかどうかはわからないが、どちらも日本が世界に誇るオフローダーである。フレーム構造を持つパートタイム式4WDで、どちらも悪路走破性では世界的な定評がある。

    日産の最先端技術を体験。日々、進化を続けるモビリティ社会の現状に触れてみる

 まずは、ボディサイズ比較を。
 全長で1555mm、全幅で505mm、全高で145mm、ランクルの方が大きい。ランクル2台を縦列駐車するスペースにジムニーが3台駐められるイメージだ。
 悪路での取り回しでいうと最小回転半径は
ランドクルーザー:5.9m
ジムニー:4.8m
である。


新型ジムニー 全長×全幅×全高:3395×1475×1725mm ホイールベース:2250mm 車重:1030kg

ランドクルーザーZX 全長×全幅×全高:4950×1980×1870mm ホイールベース:2850mm 車重:2690kg

 今度は、3アングルを見てみよう。3アングルとは、アプローチアングル/ランプアングル/デパーチャーアングルの3つの角度を言う。ランプアングルとは、クルマを側面から見て、ホイールベース間において、最下部と前後タイヤ外周の接線のなす角度のこと。 でこぼこ道、うねった道、石ころの道などを走破するときの、最下部の路面干渉の度合いを表す。ホイールベースが短く最下部が高いほどランプアングルは大きくなり、路面干渉しにくい。
 
 この数字は、ジムニーの短いホイールベース(全長3395mmに対して2250mmで66.3%。ランクルは全長4950mmに対して2850mmで57.6% )が効いて、ランクルの25度に対してジムニーが28度となっている。

ランドクルーザー アプローチアングル 32度 デパーチャーアングル 25度 ランプアングル:25度

ジムニー アプローチアングル 41度 デパーチャーアングル 51度 ランプアングル:28度

 ランクルは、3アングルのほかに、最大安定傾斜角と登坂能力の数値もカタログに掲載している。
ランドクルーザー
最大安定傾斜角:44度
登坂能力:45度



 最低地上高は、ジムニーが205mmなのに対してランクルは225mmとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します