現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW M2 後継「コンペティション」、M4 譲りの410hpエンジン搭載…欧州発売へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.31

BMW M2 後継「コンペティション」、M4 譲りの410hpエンジン搭載…欧州発売へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWは7月30日、『M2コンペティション』を欧州市場で発売すると発表した。

同車は、BMWの小型クーペ、『2シリーズクーペ』の頂点に立つハイパフォーマンスモデル、『M2クーペ』のさらなる高性能バージョン。そのハイライトは、M2 クーペよりも上級の『M4クーペ』や『M3セダン』と共通仕様のエンジン搭載にある。

    新型3シリーズはグリルがさらに大型化。フルデジタルメーターも設定

直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、M4クーペ/M3セダンよりも出力は抑えられた。それでも、最大出力410hp/5250~7000rpm、最大トルク56.1kgm/2350~5200rpmを発生。M2 クーペの最大出力370hp、最大トルク47.4kgmに対して、40hp、8.7kgmもの上乗せとなる。

トランスミッションは、6速MTまたは7速Mダブルクラッチ。M2コンペティションは、0~100km/h加速4.2~4.4秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。オプションのMドライバーズパッケージでは、最高速が280km/h(リミッター作動)に到達。M2 クーペに対して、0~100km/h加速は0.1秒短縮。最高速は10km/h上回る。

モータースポーツの技術を生かして、足回りをチューニング。CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製ストラットによって、ボディ剛性を向上。グレーのキャリパーが特徴のMスポーツブレーキも用意された。

内外装は、M流儀のスポーティな演出。新デザインのフロントバンパーは、冷却性を引き上げる効果を追求。キドニーグリルはハイグロスブラック仕上げとした。専用エアロパーツ、新デザインの19インチアルミホイール、新デザインのエグゾーストなどを装備。室内には、新デザインのスポーツシートやMレザーステアリングホイールなどが採用された。なおBMWは、M2コンペティションが従来のM2クーペの後継モデルになる、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します