現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 印タタ、イヴォーク・ベースのSUV開発 心臓部はフィアット系

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.31

印タタ、イヴォーク・ベースのSUV開発 心臓部はフィアット系

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラットフォーム 傘下のランドローバーから

タタ・モータースは、ジャガー・ランドローバーを傘下に収めていることを最大限利用し、その技術を用いてSUVの世界戦略車を開発している。

    「ロードローバー」ブランド新設へ(2) そのリスクとは ジャガー・ランドローバー

ハリアーと名付けられ2019年にデビューする新型SUVは、インド、中東、アフリカの市場でタタの命運をかけたモデルとなる。

スタイリングや全体のプロポーションは、ジュネーブ・モーターショーに登場したH5Xコンセプトのままだ。しかし、量産仕様は大胆だったコンセプトと比べると少々トーンダウンしている。インテリアはまだ公開されていないが、タタはクラス最高のクオリティ、スペース効率、コネクティビティを実現するという。

ハリアーは、メカニズムの多くをランドローバーのモデルと共有し、タタの地位向上を狙うことになる。モジュラー・アーキテクチャーの「オメガ」はタタのプラットフォームだが、これはランドローバーの「D8」プラットフォームをインドの道路状況に合わせて最適化したものである。



エンジン FCAからディーゼルを

「D8」プラットフォームはレンジローバー・イヴォーク、7座のランドローバー・ディスカバリー・スポーツ、そしてジャガーEペースに用いられている。これに、5シートおよび7シートのハリアーが加わる見込みだ。

インドでは、ハリアーはフィアット・クライスラーから供給を受けた2.0ℓ 4気筒ディーゼルを搭載し、出力の異なる2種類が用意される見込みだ。四輪駆動も選択することができ、ライフサイクル後半ではハイブリッドも導入される可能性がある。

ブランドとしてのタタは、現在英国では販売されていない。しかし、この新しいSUVが成功すれば、将来イギリスにやって来る可能性もありえるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します