現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 次期トヨタ「スープラ」の開発に込めた多田チーフエンジニアの想いとは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.30

次期トヨタ「スープラ」の開発に込めた多田チーフエンジニアの想いとは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国で先頃開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、トヨタ自動車が開発中の「新型スープラ」の走りを披露。観客が注目するなか、「ヒルクライム」で1.9kmを走行しました。

開発責任者であるトヨタ自動車の多田哲哉チーフエンジニア(CE)がステアリングを握る同車はサーキットにエンジンサウンドを響かせ、FRスポーツ車の頼もしい走りを披露。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

多田CEによると、通常の開発サイクルが3年のところ、同車の開発には2倍の6年の歳月をかけているそうで、グッドウッドで走行を披露できた際は感慨ひとしおだったようです。

「スープラ」の開発では「トヨタ86」の開発経験が有ったため、高いレベルから開発をスタートさせることができたそうで、車両重心を更に低くし、高価なカーボンファイバー材料を使用せずに同社のスーパースポーツ「LFA」と同等の車体剛性を確保。

今回、「グッドウッド」で走行を披露した際は、周りのスーパーカー達の中で、価格的に一番安いであろう同車が最も大きな歓声を得たと言います。

多田CEは、新型の開発にあたり、歴代「スープラ」への敬意を表したいと考えているそうで、エキサイティングで一目で同車と判るデザイン、直6エンジン/FR駆動の継承、官能的なサウンドを追求。30年後に同車に再会した際、どれほど良いクルマだったかを語れるのが理想とか。

2002年に生産を中止した「スープラ」は、本年3月のジュネーブショーでレーシング仕様のコンセプトモデル「GR Supra Racing Concept」として復活を遂げ、来年前半から世界各国で市販を予定しているそうです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar Avanti Yasunori)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • idi*****|2018/07/30 06:53

    違反報告

    86→スバル製
    スープラ→BMW製
    車体、エンジン丸投げ。
    ボディーもBMW製。
  • tha*****|2018/07/30 06:37

    違反報告

    BMW純正のトヨタ車。
  • kan*****|2018/07/30 06:40

    違反報告

    通常より倍の6年の開発期間、トヨタ86の開発経験・・・それもこれも2002年にスポーツカーの生産をやめた結果、失われたもの、事が多すぎたってことでしょ。
    トヨタほどの大メーカーにもかかわらず、自力でスポーツカーの開発すらできない。実態は86ではスバルとの協業、今回のスープラでは手持ちの直6エンジンが無いためBMWより調達となっている。
    生産規模の問題でそうなってしまうのは仕方のない事だが、スポーツカー復活は素直に喜びたいと思う。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します