現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産自動車とコーナンがカーシェアリングの「NISSAN e-シェアモビ」で協業開始

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.29

日産自動車とコーナンがカーシェアリングの「NISSAN e-シェアモビ」で協業開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月24日、日産自動車とコーナン商事は、日産のカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」のステーション拡充において協業すると発表しました。

EVとe-POWERに注力し、普及を図っている日産自動車。その魅力を伝えるには、まずは乗ってもらうことが必要かもしれません。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「NISSAN eシェアモビ」は今年1月からスタートしたEVとe-POWER搭載車を使ったカーシェアリングサービス。日産は中期計画「M.O.V.E to 2022」の一環として、e-シェアモビのステーションを2018年度中に現在の49か所から500か所まで拡大することを目指しているそう。

提供される車両は毎日、清掃やメンテナンスされるというリーフとノートe-POWERの上位グレードになっています。最新の先進技術や電動駆動車ならではの力強い加速感を体験できることに加えて、15分単位から利用できる手軽さなどにより、ユーザーから好評を得ているそう。

今回の取り組みでは、大阪を中心に、全国各地にあるコーナン商事の店舗駐車場エリアを活用し、e-シェアモビのステーションを設置。コーナンの利用客や店舗近隣に住民をターゲットに、気軽にe-シェアモビを利用してもらい、日産自動車のEVやe-POWERの走りの良さなどを体感してもらうのが狙い。

7月27日から、コーナン弁天町店(大阪府大阪市)、堺三国ヶ丘店(大阪府堺市)、杭瀬店(兵庫県尼崎市)の3か所のステーションを新設し、今後も順次拡大していく予定だそう。

さらに、日産自動車とコーナン商事は、2018年度中にコーナン商事全店舗の約3分の1を占める100店舗の駐車場エリアにeシェアモビのステーションを設置。また、日産リーフのステーションにはそれぞれEV充電器を設置し、EVのさらなる普及を促進していくとしています。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、日産自動車)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/07/29 10:13

    違反報告

    カーシェアリングサービス
    都市生活者でマイカーを捨てちゃった人、そこまでクルマ好きじゃない人には便利なサービスだね。
    地方の通勤、買い物の手段としてクルマが必要な人には無用のサービス。
    都市部サラリーマンでマイカーやめている人が増えているから、その層に向けて気の向いた時に使ってね、というパターンで自動車を売るしかないのかもね。
    新サービスは景気向上に資っするけど、クルマ辞めちゃう人が増えた結果だから、20年後はクルマ産業は縮小しているかなあ。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します