現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスベンツ Cクラス 改良新型…4車種を同時に刷新[詳細画像]

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.27

メルセデスベンツ Cクラス 改良新型…4車種を同時に刷新[詳細画像]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『Cクラス』(Mercedes-Benz C-Class)改良新型モデルを7月25日に発表した。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4車種を同時に刷新し、同日より注文の受付を開始する。

エクステリアは、フロントおよびリアバンパーのデザインを変更。ヘッドライトには、マルチチャンバーリフレクターが上下4列ずつ立体的に並ぶ「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」に加え、上位装備として『Sクラス』、『Eクラス』と同様のシステムである、片側84個のLED光源を瞬時に個別制御可能な「マルチビームLEDヘッドライト」を設定した。セダンのテールライトユニット内部は、Cクラスの“C”の文字をモチーフにしたデザインに変更されている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

インテリアは、前モデルのデザインコンセプトを継承しながらも、中央に配置されたディスプレイが高精細10.25インチのワイドディスプレイに変更され、メーターパネルはCクラス専用デザインである高精細12.3インチのコックピットディスプレイに変更された。

ステアリングホイールは、Sクラスと同デザインである最新世代のステアリングホイールを採用。手を放さずにナビゲーション操作や車両設定などが行える「タッチコントロールボタン」を搭載したほか、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を設定するスイッチが備わっている。

オーディオ装備としては、総出力225Wで9スピーカーの「アドバンスドサウンドシステム」を設定。上位装備として、ハイエンドオーディオ専門メーカーであるブルメスター社と共同開発した、総出力590W、13スピーカー、9チャンネルのアンプを搭載する「Burmesterサラウンドサウンドシステム」が選択可能となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 平川 亮)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fie*****|2018/07/28 11:18

    違反報告

    ダウンサイジングターボは理解できるし、自分も320iツーリング乗ってるからその恩恵に与ってるけど、さらにモーター付けてまで排気量落とすのは、やり過ぎな気がする。
    機構が複雑になって、本末転倒な気が・・・。
    まあ、電動化を大々的に宣言しちゃったから、仕方ないんだろうけど。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します