現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ・シビック タイプRのテスト車両はハードコアと廉価版の「ハイ・ロー」2モデル?

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.27

ホンダ・シビック タイプRのテスト車両はハードコアと廉価版の「ハイ・ロー」2モデル?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ・シビックのハイパフォーマンスモデル、「シビック タイプR」のテスト車両2車種をカメラが捉えました。

偽装具合からフェイスリフトモデルかと思いましたが、2017年9月に発売されたばかりの新型モデルにとっていささか早いため、さらなるハードコアバージョンの可能性が考えられます。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ホワイトボディの開発車両は、偽装されているフロントのコーナーエアインテークとリアバンパーに変化が見られます。現行「タイプR」はライバルのフォード「フォーカスRS」より44ps劣っているため、より強力なホットモデルを投入する可能性があるとレポートされています。

続いて赤いボディの開発車両ですが、現行「タイプR」と同じフロントバンパー、ブレンボ製ブレーキを装着、リアにはセンター出しトリプル・エキゾーストパイプが確認できます。注目はコンパクトなリアウィングが装着されていることです。恐らく3万ドル以下で発売されると噂される、廉価モデルの可能性が高いです。

高性能バージョンの詳細は不明ですが、廉価モデルは、10月のパリモーターショーでサプライズデビューする可能性があるようです。

(APOLLO)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar APOLLO)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します